斉藤和義「ゴールデンスランバー」熱唱に女子高生ウットリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月27日 > 斉藤和義「ゴールデンスランバー」熱唱に女子高生ウットリ
メニュー

斉藤和義「ゴールデンスランバー」熱唱に女子高生ウットリ

2010年1月27日 20:13

約1分半の楽曲を熱唱「ゴールデンスランバー」

約1分半の楽曲を熱唱
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堺雅人の主演最新作「ゴールデンスランバー」の女子中高生限定試写会が1月27日、東京・品川プリンスシネマで行われ、主題歌を含むすべての映画音楽を手がけた斉藤和義中村義洋監督がトークショーを行った。

同作は、2008年に「本屋大賞」「山本周五郎賞」をダブル受賞した伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化。首相暗殺犯に仕立てられた無実の男が、大学時代の仲間たちの協力を得ながら大逃亡劇を繰り広げる姿を描く。


「Abbey Road」のジャケットと同じポーズを女子高生と「ゴールデンスランバー」

「Abbey Road」のジャケットと同じポーズを女子高生と
[拡大画像]

この日の試写会は、ザ・ビートルズにとって最後のレコーディングアルバム「Abbey Road」に収録された楽曲「Golden Slumbers」が原作の基になったことを、若い世代に広く知ってもらいたいという意図から企画。同名曲を主題歌としてカバーした斉藤は、「オリジナルが一番すごいに決まっているし、どうせかないっこないと思っているから、プレッシャーはありませんでした。栃木県人なんで英語が大丈夫だろうか……って不安はありましたが」と本音を明かし、笑いを誘っていた。

また、斉藤は同曲を弾き語りで生演奏する大サービス。歌い終えると、場内に詰め掛けた約200人からは大きな拍手が沸き起こった。ある女子高生は、「すごくいい声をしていて、ほれちゃいます」とうっとり。斉藤も「おじさん、変な気持ちになっちゃう」と鼻の下を伸ばしていた。それでも、「音楽を全編やらせてもらって、ものすごく楽しい経験をさせてもらった。映画も面白い仕上がりになっているので、ぜひ楽しんで」とアピールしていた。

中村監督は、「新バージョンって感じの楽曲で震えましたね。斉藤君が英語に気を遣わずに歌っているのが、逆に突き抜けていて良かった」と絶賛。真剣に聞き入っていた学生については、「ちゃんと人の話を聞ける子が集まってくれたんだと思うとうれしいですね」と語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi