「アバター」が「タイタニック」の記録を破り、全世界興収歴代1位に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月26日 > 「アバター」が「タイタニック」の記録を破り、全世界興収歴代1位に
メニュー

「アバター」が「タイタニック」の記録を破り、全世界興収歴代1位に

2010年1月26日 22:29

驚異的な速さでついにナンバーワンに!「アバター(2009)」

驚異的な速さでついにナンバーワンに!
(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年12月18日に北米ほか世界各国で公開され、23日から日本でも公開されたジェームズ・キャメロン監督の最新作「アバター」が、1月25日の全世界興行収入で18億5500万ドル以上に到達する見通しとなり、同監督が「タイタニック」(97)が持っていた全世界歴代興収記録18億4290万ドルを抜き、歴代新記録を達成することが分かった。

同作は、これまで「タイタニック」「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」「ダークナイト」の4作品しか前例のない全世界興収10億ドル突破を、史上最速となる全米公開後17日間で達成。公開後21日間で11億3165万ドルを記録し、「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」の11億1910万ドルを抜き歴代2位に。また、「タイタニック」が約1年半かけて達成した記録を、公開後たった39日間という驚異的なスピードで塗り替えた。これによりキャメロン監督は、ひとりの監督が全世界歴代興収の1位と2位を独占するという前代未聞の快挙を成し遂げたことになる。

同作の快進撃はいまだ進行中であり、全米興収は1月26日現在、5億5200万ドルを突破。「タイタニック」が要した98日間の3分の1足らずの32日間で5億ドルを突破し、全米興収歴代1位の「タイタニック」(約6億ドル)を抜くのも時間の問題。そのほか、3D映画の歴代興収1位、09年全米公開全作品の興収1位、公開2週目から6週目までの各週で興収新記録を達成など、記録づくめの興行を続けている。

洋画不況と言われる日本でも、公開1カ月で興収70億円を突破(1月26日現在)。興収ランキングで5週連続1位を記録中で、09年公開作品の中では「ROOKIES/卒業」(最終興収85億円)や「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(同80億円)を抜いて最速での“大台”突破となる。

さらに、先日発表された第67回ゴールデングローブ賞でも、ドラマ部門で作品賞、監督賞の2部門を獲得し、第82回アカデミー賞に向けて賞レースでも目が離せない存在になっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi