北川景子、藤沢周平の墓前に「花のあと」完成を報告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月26日 > 北川景子、藤沢周平の墓前に「花のあと」完成を報告
メニュー

北川景子、藤沢周平の墓前に「花のあと」完成を報告

2010年1月26日 20:02

桜のシャンパンで献杯したので、ほろ酔い加減「花のあと」

桜のシャンパンで献杯したので、ほろ酔い加減
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 藤沢周平の人気時代小説を映画化した「花のあと」の完成披露試写会が1月26日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の北川景子甲本雅裕宮尾俊太郎國村隼中西健二監督が出席した。

北川は、この日が藤沢の命日ということもあり、午前中にひとりで墓前へ報告に行ってきたそうで「先生の作品に出演させていただいたお礼と、完成した作品を見ていただくご報告ができてうれしかったです」。そして、撮影が行われた藤沢の故郷・山形から届けられた早咲き桜を見つめながら「今まで仕事をして来たなかで、一番身震いする日になりました」と感慨に浸った。

北川扮する以登の父親を演じた國村は、“まな娘”について「ふだんは本当にまっすぐで気取りがない。この人なら以登をしっかり演じられるだろうと思った」と絶賛。これには北川も、「幼いころからテレビで拝見していた大御所なのに、温かく接してくれました」と照れ笑い。さらに、「藤沢先生に見せても恥ずかしくない作品ができたと思います」と熱く訴えていた。

メガホンをとった中西監督は、同作が監督2作目。時代劇は初めてとあって、「全てが勉強だった。人としていかに生きるべきかをウソなく描くには、奇をてらわず登場人物を見つめることが大事だと思った」と語った。

同作は、藤沢が出身の庄内地方をモデルに創作した、海坂藩が舞台の短編作品集「海坂藩大全」からの映画化で、「山桜」に続く第2弾。家父長制度のしきたりのなかで、自らの運命を受け入れながらも、胸に秘めた思いを精一杯遂げようとする女性の姿を描く。

花のあと」は東映配給で、3月13日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi