山本裕典、初声優も渡辺謙に会えずガッカリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月26日 > 山本裕典、初声優も渡辺謙に会えずガッカリ
メニュー

山本裕典、初声優も渡辺謙に会えずガッカリ

2010年1月26日 13:53

謙さんに会いたかった!

謙さんに会いたかった!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の山本裕典が1月26日、米映画「ダレン・シャン」日本語吹き替え版のアフレコを都内のスタジオで行なった。声優初挑戦の山本は、「収録前日は緊張しすぎて家に引きこもり、12時間くらいずっと作品を見ていた。おかげでセリフがどのタイミングに出てくるのかを全部インプットできた」と自信をのぞかせた。

同作は、原作小説とコミックスの累計発行部数が640万部を突破した人気シリーズ。成績優秀で女の子にも人気のある16歳の高校生が、親友の命を救うために“ハーフ・バンパイア”になり、「奇妙なサーカス/シルク・ド・フリーク」の一員としてヤミの世界で生きていく姿を描く。

サーカス団の団長ミスター・トール役として出演している渡辺謙が、吹き替え版でも自身の声を担当するほか、ヒゲを伸ばす能力と予知能力をもつマダム・トラスカ役をLiLiCoが演じている。山本は、アフレコの収録現場について大いなる誤解をしていたそうで「声優の仕事って、1シーンに出る人がみんな集まってやるものだと思っていたんです。謙さんに会えるものと思って『どこにいるんですか?』と聞いたら、僕ひとりだけだった」としょんぼり。それでも、「公開までのイベントなどで会えることがあったら、世界のことを色々と聞けたらなと思います」と語った。

この日の収録は、親友のスティーブと言い争うシーンと、ミスター・トールと出会うシーンだったが、収録前に自宅にこもった成果もありスムーズに進行。「監督からも『こんなにタイミングばっちりな人いないよ』と言ってもらいました。これからの声優の仕事、アニメとかもやってみたいです」と意欲を見せた。

ダレン・シャン」は東宝東和配給で、3月19日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi