市原隼人主演「猿ロック THE MOVIE」約5分のダイジェスト映像を初公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月26日 > 市原隼人主演「猿ロック THE MOVIE」約5分のダイジェスト映像を初公開
メニュー

市原隼人主演「猿ロック THE MOVIE」約5分のダイジェスト映像を初公開

2010年1月26日 11:42

スケールアップした「猿ロック」をお楽しみに「猿ロック THE MOVIE」 スケールアップした「猿ロック」をお楽しみに
(C)2010「猿ロック」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 市原隼人主演の人気ドラマを映画化する「猿ロック THE MOVIE」の約5分間におよぶ本編ダイジェスト映像が初公開された。

単行本全22巻の累計発行部数が約450万部を突破した、芹沢直樹の人気コミックが原作。09年7月にドラマ化され、「開けられない鍵はない」という天才鍵師で、何かとトラブルに巻き込まれる猿丸耶太郎(通称サル=市原)と、彼を取り巻く個性的な仲間たちの姿をコミカルに描いた。その映画化となる同作では、謎の美女マユミ(比嘉愛未)の依頼で開けた金庫に、ヤクザが奪った警察の権威に関わる重大なデータが眠っていたことから、追われる身となったサルの奮闘を描く。警察の裏金問題といった社会派の面ももたせつつ、スケールアップしたエンターテインメントとして、映画のために考案されたオリジナルストーリーだ。

公開されたダイジェスト映像では、ヤクザに追われ、警察からも指名手配されたサルが、ともに逃避行を繰り広げる中、マユミを守ると誓う姿や、金庫から持ち出したトランクの中にさらなる重大な秘密が眠っていること、その秘密を守るために警察がサルを消そうとする様子が描かれている。ヒロインとなるマユミ役の比嘉愛未ほか、小西真奈美、光石研ら映画版で初登場となるキャラクターもたっぷりと映し出されている。監督はドラマ版の第1話、第2話も演出した「ブタがいた教室」の前田哲

主演の市原は1月25日、“サル”つながりで豊臣秀吉築城の大阪城敷地内にある豊国神社でヒット祈願を行い、「本当の正義は何か見つめていく映画です。本当に世の中、何が良くて何が悪いか分からなくなっていて。でも何か一つだけ、みんなが共通して肩を組んで笑えることがあるんだと追及している映画です。本当に真っ直ぐな映画」とアピールした。

猿ロック THE MOVIE」はSDP、ショウゲートの共同配給で2月27日全国公開。

Get Adobe Flash player

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
採用情報