3D版「完全なる飼育」主演の亜矢乃「メイド服恥ずかしかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月24日 > 3D版「完全なる飼育」主演の亜矢乃「メイド服恥ずかしかった」
メニュー

3D版「完全なる飼育」主演の亜矢乃「メイド服恥ずかしかった」

2010年1月24日 18:14

濡れ場よりもメイド服が……「完全なる飼育 メイド、for you」

濡れ場よりもメイド服が……
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズ初の3D作品として注目を集める「完全なる飼育/メイド、for you」の完成披露試写会が1月24日、東京・秋葉原のUDXシアターで行われ、同シリーズ初メガホンの深作健太監督、主演を務めるグラビアアイドルの亜矢乃柳浩太郎がトークショーに出席した。

実在の事件に基づいた松田美智子の小説「女子高校生誘拐飼育事件」を原作に、カルト的な人気を誇る異色ラブストーリー映画の第7弾。漫画喫茶店長の椛島(柳)の激しい思い込みによって、監禁生活を余儀なくされたメイドの苺(亜矢乃)が、椛島に対して次第に心を開いていくが……。亜矢乃は劇中で惜しげもなくヌードを披露し、激しい濡れ場にも挑戦した、「実はメイド服を着るのが恥ずかしかった。性格的に真逆なので」と意外な告白。それでも、「すごく愛にあふれた作品。ポップであり、切なくもある。いろんな方に見てもらいたい」とPRしていた。

柳は、メイドを監禁してしまう役どころを「最初はこりゃできないんじゃないかと思った。でも台本を読んでいるうちに、この人は純粋なんだと思えるようになった」と説明。舞台で活躍する柳のファンだったという深作監督は、「やっと仕事ができて良かった。でも全然セリフを覚えてこなくて」とグチをこぼし、セットの至る場所に“カンペ”が貼られていたと暴露。亜矢乃については、「こう見えて演劇少女で、オーディションの時も寺山修司の話で盛り上がった。僕の中ではセクシーというよりも、イノセンスなんです」と絶賛した。

完全なる飼育/メイド、for you」はゴー・シネマ配給で、1月30日から東京・シネマサンシャイン池袋ほかで公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi