布施明、原作童話の映画化初日に感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月23日 > 布施明、原作童話の映画化初日に感無量
メニュー

布施明、原作童話の映画化初日に感無量

2010年1月23日 13:54

浅利陽介「僕のフルート、すごくなかったですか?」「手のひらの幸せ」

浅利陽介「僕のフルート、すごくなかったですか?」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手の布施明が手がけた童話を映画化した「手のひらの幸せ」の初日舞台挨拶が1月23日、東京・有楽町スバル座で行われ、布施をはじめ主演の浅利陽介河合龍之介村田雄浩生稲晃子永島敏行、子役の小川光樹と西須隼太、加藤雄大監督が登壇した。

布施がデビュー40周年記念コンサートで披露した童話「この手のひらほどの倖せ」が原作。昭和30~40年代を舞台に、天涯孤独になった幼い兄弟が運命に翻弄されながら、互いの幸せを祈り成長する姿を描く。映画初主演の浅利は、「大変うれしく思います。とっても緊張しながら、不安いっぱい、元気いっぱいやらせていただいた」と振り返った。劇中ではフルート演奏を披露しており、「フルートのシーン、すごくなかったですか? 頑張ったんで(笑)」と自画自賛だった。

布施は、朗読がきっかけで書籍化、映画化と成長を遂げた同作に「今では僕のもとから巣立っていった違う生き物」と感慨深げ。昭和を生きる青年役の河合は、「この時代の男には、独特の美学があるなと。そういう魅力を出せればと思いながら演じた」。浅利演じる主人公を養子に迎える夫婦に扮した村田と生稲は、「昨年9月に娘が生まれて、子どもに対する気持ちが大きく変わった。試写では泣いちゃって、泣いちゃって」(村田)、「当時のお母さんは、私の母親も含めていつも動いていたような気がする」(生稲)と話した。

長年、撮影監督として活躍し初メガホンとなった加藤監督は「今の日本は疲へいしていて、皆さん苦しんでいる。この作品を通して、小さな幸せでいいんだと思ってくれるきっかけになればうれしい」とアピールした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi