ヒース・レジャー命日に遺作先行上映、LiLiCo「本当にカメレオン俳優」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月23日 > ヒース・レジャー命日に遺作先行上映、LiLiCo「本当にカメレオン俳優」
メニュー

ヒース・レジャー命日に遺作先行上映、LiLiCo「本当にカメレオン俳優」

2010年1月23日 12:01

衝撃的な死から早くも2年…「Dr.パルナサスの鏡」

衝撃的な死から早くも2年…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 28歳の若さで急死した故ヒース・レジャーさんの2度目の命日にあたる1月22日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでアカデミー賞助演男優賞を受賞した「ダークナイト」と、翌23日から日本公開される遺作「Dr.パルナサスの鏡」の特別追悼上映が行われ、映画コメンテーターのLiLiCoとフリーライターの佐藤友紀が故人を偲んだ。会場には、実際にレジャーさんが劇中で着用したスーツが展示され、熱心なファンたちがカメラに収めていた。

Dr.パルナサスの鏡」で記憶を失ったナゾの青年トニー役を演じていたレジャーさんは、撮影途中にニューヨークの自宅で薬物の過剰摂取が原因で急死。一時は製作が中止しかけたが、レジャーさんと親交のあったジョニー・デップジュード・ロウコリン・ファレルの3人が役を演じ分ける形で引き継がれた。LiLiCoは、「どうやって撮影したんだろうって、驚くことがたくさんある作品。本当にカメレオン俳優なんだと実感」とレジャーさんの演技の幅広さに感心しきり。レジャーさんが亡くなった当日は、偶然にも出世作「ブロークバック・マウンテン」の監督で、当時来日中だったアン・リーと一緒にいたといい「監督は誰よりもショックを受けていたし、表情を見ているだけで心が痛んだ」と振り返った。

レジャーさんに数回インタビューした経験を持つ佐藤は、その知られざる素顔を披露。「いい意味で気取りのないオーストラリア人。とてもチャーミングな人だった」と述懐。「Dr.パルナサスの鏡」については「本人が演技を楽しんでいる様子が伝わって、純粋に良かったなと思った」。また、レジャーさんがデップの主演作「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」を鑑賞後、「ジョニーはもっとダークに演じるべきだった」と“ダメ出し”したエピソードを明かした。

Dr.パルナサスの鏡」はショウゲート配給で全国公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi