「パラノーマル・アクティビティ」続編に、「ソウ6」の監督が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月22日 > 「パラノーマル・アクティビティ」続編に、「ソウ6」の監督が決定
メニュー

「パラノーマル・アクティビティ」続編に、「ソウ6」の監督が決定

2010年1月22日 11:44

「ソウ6」の監督でますます怖くなる?「ソウ」

「ソウ6」の監督でますます怖くなる?
(C)2009 Oren Peli d.b.a. Solana Films.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 製作費135万円と超低予算ながら、これまでに世界興収1億5000万ドル(約137億円)を記録したホラー映画「パラノーマル・アクティビティ」(1月30日公開)。その続編に、「ソウ6」の新鋭ケビン・グルタート監督が抜擢されたことが分かった。

米ハリウッド・レポーター誌によると、続編に着手した配給元のパラマウント・ピクチャーズが、グルタート監督と、TVシリーズ「Dr.HOUSE」「デッド・ゾーン」などの脚本家マイケル・R・ペリーの起用を決定したという。オリジナル版の製作・監督を務めたオーレン・ペリは、同プロデューサーのジェイソン・ブラムスティーブン・シュナイダーとともに今回はプロデュースに回る。

パラノーマル・アクティビティ2」(仮題)の全米公開は今年の10月22日を予定。この日には、「ソウ」シリーズ第7弾も公開されることになっている。

実は、「パラノーマル・アクティビティ」と「ソウ6」のあいだには因縁がある。「ソウ」シリーズは04年の第1作以降、10月31日のハロウィン前の週末に全米公開されるのが慣例となっており、07年の「ソウ4」まではその週末のボックスオフィス・チャンピオンの座を死守していた。しかし昨年10月に公開された「ソウ6」は、その座を「パラノーマル・アクティビティ」に奪われたわけで、そのときに負けた監督が、今度は相手側の監督として古巣の打倒を狙うという皮肉な展開になった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi