世界のナベアツ、本場ディズニーのお墨付きで世界デビュー視野? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月20日 > 世界のナベアツ、本場ディズニーのお墨付きで世界デビュー視野?
メニュー

世界のナベアツ、本場ディズニーのお墨付きで世界デビュー視野?

2010年1月20日 12:59

ハリウッドも認める実力派?「スパイアニマル・Gフォース」

ハリウッドも認める実力派?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「スパイアニマル・Gフォース」(ホイト・イエットマン監督)の応援歌を担当する竹馬アイドルユニット「紫SHIKIBU」のリーダー“なっくん”こと世界のナベアツと、日本語吹き替え版の声優も務める“リーゴ”ことゴリ(ガレッジセール)が1月20日、同作の応援歌「飛び出せ!Gフォース!」のプロモーションビデオ完成を記念し、都内の小学校で子どもたちに竹馬ダンスをレクチャーした。

世界征服を企む悪の億万長者の野望を阻止するため、高度の知能を持った小動物捜査官たちが活躍するアドベンチャーで、製作は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマー。応援歌アーティストへの大抜擢に、ナベアツは「天下のディズニーさんが『紫SHIKIBU』を認めてくれた。きっと(社内に)とってもユニークな人がいるんでしょう。アメリカ本部のお偉いさんもPVを見て『グレイト!』と言ったらしいですよ」と鼻高々。この勢いで世界デビューを狙いたいとし、「手始めに、ディズニーランドのパレードに出演したい」と夢は広がる。

ゴリは、「アフレコをやってみて、人間は顔の表情で感情の8割を表現していると分かった。最初はすごい棒読みで……」と声優の難しさを再認識した様子。オリジナル版ではニコラス・ケイジが声を担当しているが、「ぜひニコラスさんに、この毛をプレゼントしたい」と腕毛をむしる仕草で、取材陣を笑わせた。

スパイアニマル・Gフォース」はウォルト・ディズニー配給で、3月20日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi