「デューン/砂の惑星」再映画化に、「96時間」ピエール・モレル監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月19日 > 「デューン/砂の惑星」再映画化に、「96時間」ピエール・モレル監督
メニュー

「デューン/砂の惑星」再映画化に、「96時間」ピエール・モレル監督

2010年1月19日 11:29

原作ファンのモレル監督のビジョンを反映「96時間」

原作ファンのモレル監督のビジョンを反映
Photo:BENHAMOU SERGE
/GAMMA/Eyedea/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1965年に発表されたフランク・ハーバートのSF小説「デューン/砂の惑星」をパラマウントが映画化するプロジェクトに、フランス人監督ピエール・モレルが起用されたことが分かった。モレル監督は昨年、リーアム・ニーソンを主演に迎えたアクション映画「96時間」がヒットを記録している。

当初、「ハンコック」のピーター・バーグ監督がメガホンをとる予定だったが、スケジュール上の都合で昨年10月に降板。代わって原作の大ファンだというモレル監督に白羽の矢が立った。脚本は、「ボーン」シリーズ第4弾にも抜擢された新人脚本家ジョシュア・ゼトゥマーが第1稿を執筆済みだが、パラマウントでは新たにモレル監督のビジョンを反映させるため、また別の脚本家をリライターとして探している最中だという。

「デューン」シリーズは、“デューン”と呼ばれる砂に覆われた惑星アラキスを舞台に繰り広げられる勢力争いを壮大なスケールで描いたSFシリーズで、熱狂的なファンも多い。84年にもデビッド・リンチ監督、カイル・マクラクラン主演で映画化されているが、興行・評価ともに振るわなかった。

米MTVのインタビューに答えたモレル監督は、15歳の頃から30年にわたって何度となく原作を読み返してきたファンとして、リンチ監督バージョンは「デビッド・リンチの映画としては好きだが、原作ファンとしてはそうでもない」と告白。そのうえで、「原作に敬意を表した映画を作りたい」と意欲を示した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi