竹内結子「花粉の飛んでこないところに逃げたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月18日 > 竹内結子「花粉の飛んでこないところに逃げたい」
メニュー

竹内結子「花粉の飛んでこないところに逃げたい」

2010年1月18日 21:03

誰しも逃げ出したいものはあります「ゴールデンスランバー」

誰しも逃げ出したいものはあります
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堺雅人竹内結子の主演で伊坂幸太郎のベストセラーを映画化した「ゴールデンスランバー」の完成披露会見と舞台挨拶が1月18日、東京・六本木ヒルズで行われ、堺、竹内のほか、共演の吉岡秀隆劇団ひとり香川照之濱田岳渋川清彦貫地谷しほり中村義洋監督が出席した。

堺演じる主人公・青柳が宅配便のドライバーという設定であることから、会場に劇中で青柳が乗る運送業のトラックが乗り付け、その荷台からキャスト陣が登場するというド派手な演出でスタート。竹内は、「何を言おうとしたか、全て頭から飛んじゃった(笑)」と驚いていた。

堺は、「原作ファンをがっかりさせてはいけないというプレッシャーを抱えながら現場に入ったけど、我々にしかつむぐことができない物語があるだろうと、いい意味で開き直ってやることができた」と充足感をにじませた。香川が「すでに8回見た。最後にガチガチとピースがはまっていく痛快な作品」と完成度に自信を示せば、中村監督も「体に力が入る、疲れる映画になっているので、覚悟してみてください」と、出来栄えに胸を張った。


トラックの荷台からキャストが登場!「ゴールデンスランバー」

トラックの荷台からキャストが登場!
[拡大画像]

同作は、何者かの陰謀により首相暗殺犯に仕立て上げられた男の逃亡劇。その内容にちなんで「逃げ出したいものは?」との質問を司会者から投げかけれた堺は、「寒いのが苦手なので今日も暖かい格好をしていますが、あまりに寒い朝や過酷な状況だと逃げ出したくなる。でも、香川さんから『劔岳』の過酷な状況を聞いて、先輩がそれだけ頑張っているのだから、自分も頑張ろうと思った」と振り返った。一方の竹内は、「これから花粉症の季節。花粉の飛んでこないところに逃げたい」と答え、笑いを誘っていた。

ゴールデンスランバー」は東宝配給で、1月30日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi