ラドラム「囁く声」が映画化 「慰めの報酬」フォースター監督が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月18日 > ラドラム「囁く声」が映画化 「慰めの報酬」フォースター監督が決定
メニュー

ラドラム「囁く声」が映画化 「慰めの報酬」フォースター監督が決定

2010年1月18日 12:01

「007」の次はラドラム原作「ネバーランド」

「007」の次はラドラム原作
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2005年に400万ドル(約4億円)でロバート・ラドラムのポリティカルスリラー小説「囁く声」(77年発表)の映画化権を取得した米パラマウントが、そのプロジェクトのメガホンを、「ネバーランド」「007/慰めの報酬」のマーク・フォースター監督に託すことに最終決定したようだ。

米バラエティ誌が報じたもので、現在は「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」の俳優でもあるピーター・オブライエンが原作小説を脚色中。ワシントンDCの実力者についての陰謀小説を書いた作家を主人公としたスリラーで、プロデューサーも務めるレオナルド・ディカプリオが主役の作家ピーター・チャンセラー役として最終調整中だという。

ラドラムと言えば「暗殺者」を原作とした「ボーン・アイデンティティー」から「ボーン・スプレマシー」にいたるジェイソン・ボーン3部作で有名。現在、「マタレーズ暗殺集団」がデビッド・クローネンバーグ監督、デンゼル・ワシントントム・クルーズによって映画化中、「狂気のモザイク」もまたロン・ハワード監督によって映画化中。ハリウッド垂涎の原作となっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi