アンジェリーナ・ジョリー主演「検屍官」シリーズに新人女性脚本家が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月15日 > アンジェリーナ・ジョリー主演「検屍官」シリーズに新人女性脚本家が決定
メニュー

アンジェリーナ・ジョリー主演「検屍官」シリーズに新人女性脚本家が決定

2010年1月15日 11:30

アンジーに新たな主演シリーズ!?「プライベート・ライアン」

アンジーに新たな主演シリーズ!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女性検屍官ケイ・スカーペッタが活躍するパトリシア・コーンウェルの大ベストセラー、「検屍官」シリーズをアンジェリーナ・ジョリー主演で映画化するプロジェクトの脚本家が決定した。昨年4月に映画化されるとの第一報があって以来動きがなかったが、いよいよ始動したようだ。

米ハリウッド・レポーター誌によると、フォックス2000が製作する同作に起用されたのは、新人女性脚本家のケリー・ウィリアムソン。過去に単独で映画やTVシリーズの脚本を手がけた経歴もなく、大抜擢と言っていいだろう。ただ、現在は同時進行で、アレクサンダー・ペイン監督の新作ドラマ「Fork in the Road」と、ダーレン・アロノフスキー監督の銀行強盗もの「Breaking the Bank」の脚本(いずれも原作をもとにした脚色)を手がけているとのことで、今後要注目の脚本家だ。

コーンウェルの小説が映画化されるのは今回が初めて。「検屍官」シリーズは、第17弾「スカーペッタ・ファクター(原題)」まで出版されている(邦訳は第16弾「スカーペッタ」まで刊行済み)。今回の映画化は、17冊中特定の小説のプロットをもとにするものではなく、シリーズ全体の世界観と登場人物を生かしたスリラーになるという。いずれにしても素材はたっぷりあるわけで、映画もシリーズ化を念頭に置いているものと思われる。

監督、クランクイン時期などは未定。マーク・ゴードン(「プライベート・ライアン」)とジョリーのマネージャー、ゲイヤー・コジンスキー(「チェンジリング」)がプロデュースを手がける。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi