新「スパイダーマン」監督に名前もふさわしいあの人?巨匠名匠も候補に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月15日 > 新「スパイダーマン」監督に名前もふさわしいあの人?巨匠名匠も候補に
メニュー

新「スパイダーマン」監督に名前もふさわしいあの人?巨匠名匠も候補に

2010年1月15日 19:17

「(500)日のサマー」はウェブ監督の長編映画デビュー作「スパイダーマン」

「(500)日のサマー」はウェブ監督の長編映画デビュー作
(C)2009 TWENTIETH CENTURY FOX
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 監督サム・ライミと主演トビー・マグワイアの離脱によって、スタッフキャストを一新してリブート(再起動)することになった「スパイダーマン」シリーズ。2012年夏の第1弾公開に向けて、スタジオのソニー・ピクチャーズも早速動き出したようで、監督候補の名前が続々明らかになってきた。

米Deadline Hollywoodがスクープしたところによると、ソニーが新「スパイダーマン」の監督として希望する“ウィッシュリスト”のなかには、ジェームズ・キャメロンデビッド・フィンチャーウェス・アンダーソンらスター監督の名前も挙がっているとのことだが、目下のところ最有力候補となっているのが、「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ監督だという。

クモの巣を意味するWebという言葉をその名に持つウェブ(Webb)監督なら、いかにも「スパイダーマン」にふさわしいというダジャレのような話も飛び交っているが、同サイトによれば、ウェブ監督はすでにソニーの重役やプロデューサーと会っているという。今回、新「スパイダーマン」ではピーター・パーカーの高校生時代が描かれることになっているが、ソニーは「(500)日のサマー」で若者たちの感情の機微を見事に描出したウェブ監督の手腕を買ったのではないかという見方だ。

また一方で、最新の報道では、20世紀フォックスがリブートする新版「プレデターズ」でメガホンをとる、こちらも新鋭のニムロッド・アーントルが有力候補なのではないかという噂もある。アーントルに関しては、ライミ監督も支持しているという話だが、ライミ監督が新シリーズに対して何らかの決定権を持つとは考えにくいため、その部分については眉唾だ。

ちなみに、英国最大の映画雑誌エンパイアは、新「スパイダーマン」にふさわしい監督候補として、エドガー・ライトジェームズ・キャメロンキャスリン・ビグローデビッド・フィンチャーマーティン・キャンベルブレット・ラトナークリストファー・ノーランニール・ブロムカンプJ・J・エイブラムスマシュー・ボーンの10名を挙げている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi