美輪明宏「ラブリーボーン」主演の15歳女優の顔を絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月14日 > 美輪明宏「ラブリーボーン」主演の15歳女優の顔を絶賛
メニュー

美輪明宏「ラブリーボーン」主演の15歳女優の顔を絶賛

2010年1月14日 11:27

美輪も絶賛の美しい顔を映画館でぜひ「ラブリーボーン」

美輪も絶賛の美しい顔を映画館でぜひ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンが監督、スティーブン・スピルバーグ製作の「ラブリーボーン」の試写会が1月13日、東京・新宿明治安田生命ホールで行われた。同作は、14歳で殺害された主人公の少女スージー・サーモンが、天国から残された家族を見守る姿を描いたファンタジーで、そのスピリチュアルな内容にちなんで、上映前に美輪明宏がトークショーを行った。

天国や霊魂、生まれ変わりなどをテーマにとうとうと語り続け、会場を独特の雰囲気に包み込んだ美輪。映画のように天国から呼びかけられることはあるかという質問に、「日常茶飯事です」とサラリ。「別に驚きもしないし、珍しくもありません。皆さんもあるはずなのに、あるはずはないと思い込んで、お感じにならないだけです。人間は言葉ができる前はテレパシーで意思疎通をしていて、言葉が発達してその能力が退化してしまっただけ。詳しくは私の本に書いてございます」と話した。

同作で主人公スージーを演じるのは、「つぐない」(07)で13歳にしてアカデミー賞にノミネートされたシアーシャ・ローナン(現在15歳)。美輪は、「昔の映画にはわざわざ映画館に行かなければ見られない美男美女の顔というものがあった。彼女はそうした素晴らしい顔をしている」と絶賛。「最近の映画はそこらへんに転がっている顔の人が出ているから、なんだかなと思っていましたけど、彼女はとても愛くるしくて上品。それに、彼女の彼氏役の子も美男子。イケメン、イケジョが出ていて、ハリウッド映画はこうでなくちゃと思わされました」と毒舌を交えながら語った。さらに、「今の時代、美しいものや情緒、ロマンがなくなってしまったが、この映画を見てホッとしました。スピリチュアルな映画でもありますが、家族愛の映画でもあり、家族は愛し合い、助け合うということが根底に流れているのが見どころです」とPRした。

ラブリーボーン」は1月29日全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi