テリー・ギリアム監督と監督デビュー予定の爆笑問題・太田が舌戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月14日 > テリー・ギリアム監督と監督デビュー予定の爆笑問題・太田が舌戦
メニュー

テリー・ギリアム監督と監督デビュー予定の爆笑問題・太田が舌戦

2010年1月14日 21:18

田中とリリー・コールの身長差がスゴイ「Dr.パルナサスの鏡」

田中とリリー・コールの身長差がスゴイ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ダークナイト」の故ヒース・レジャーさんの遺作となる「Dr.パルナサスの鏡」のジャパンプレミアが1月14日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、来日したテリー・ギリアム監督と出演のリリー・コールが登場した。

人の心の欲望を映し出す不思議な鏡を持つパルナサス博士(クリストファー・プラマー)が、悪魔の手からまな娘ヴァレンティナ(コール)を守ろうとする姿を描くファンタジー。レジャーさんが物語のカギを握る記憶喪失の青年トニー役を演じていたが、撮影途中で急死したため残りのシーンを登場ごとに容姿が変わる設定に変更。レジャーさんと親交のあったジョニー・デップジュード・ロウコリン・ファレルが役を引き継ぎ、完成させた。

ギリアム監督は、レジャーさんについて「彼は良き友人であり家族。心が広く、ファニーで、背も高くて格好よくて、1本ごとに腕を上げていく優れた俳優だった。世界は素晴らしい人を失った。あの世代で最高の、無限の可能性を秘めた俳優だった」と追悼。コールも「彼は特別な人。出会えて光栄だった」と故人を偲んだ。また、3人の代役俳優を代表して、デップから「とても悲しい事情からこの映画に出ることになったが、プロジェクトの一部となれたことは光栄。にぎやかで、みなさんをとりこにする映画を完成させたテリー、ヒース、そしてかかわった人全員に自信を持って敬意を表したい」と手紙が届き、コールが代読した。


コメディアン出身なだけに、 ギリアム監督はサービス精神旺盛「Dr.パルナサスの鏡」

コメディアン出身なだけに、
ギリアム監督はサービス精神旺盛
[拡大画像]

イベントには、ギリアム監督にあこがれる爆笑問題田中裕二太田光も登場。先日、長編映画監督デビュー作を準備中と報じられた太田は、“あこがれの人”ギリアム監督に「まず最初にすることは撮影現場の床掃除。僕の次の作品でどうですか?」と助言されても、「彼は芸人上がりだから、そういうことをしなきゃいけなかったんだよね」と毒舌で応戦。さらに、ギリアム監督が「僕はもうシリアスな映画マンだから、そんなこと言われたくないな」と言えば、「そういうことは『アバター』に勝ってから言え」と太田も負けておらず、笑いを誘った。田中は「(ギリアム監督は)太田とボケがかぶる。ボケ2人を制止するのが大変」と苦笑い。それでも、太田は「本当は雲の上の人。サービス精神旺盛で、人を楽しませるのが好きなところは昔から変わっていないので、うれしかった」と正直な心境を告白した。

Dr.パルナサスの鏡」は1月23日全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi