さまぁ~ず三村、俳優開眼で「気持ちは堤真一」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月13日 > さまぁ~ず三村、俳優開眼で「気持ちは堤真一」
メニュー

さまぁ~ず三村、俳優開眼で「気持ちは堤真一」

2010年1月13日 11:28

「さまぁ~ず」らしい笑いが凝縮「かずら」

「さまぁ~ず」らしい笑いが凝縮
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ大竹一樹の映画初主演作「かずら」の完成披露試写会が1月12日、東京・スペースFS汐留で行われ、三村と大竹のほか芦名星塚本連平監督、主題歌を歌う「かりゆし58」が舞台挨拶に立った。

若ハゲに悩み、東京転勤を機にカツラ着用を決意したサラリーマン(三村)が、怪しげなカツラ店主(大竹)のアドバイスを受けながら、職場の美人OL(芦名)との恋を成就させようと奮闘するラブコメディ。

主演に抜擢された三村は、「俺、まだ毛あるじゃん! 薄毛の人なんて、もっといるじゃん!」とオファーを受けた際の戸惑いを告白。芦名演じるOLと恋に落ちる設定に、「薄毛でさえなければ格好いいサラリーマンなんですよ。だから(撮影中の)気持ちは堤真一だった。すっかり演技に目覚めちゃいました」と笑いを誘った。それでも、取材陣の多さには「映画ってこんなに来るのか。(正月に)成田空港ではガンガン無視されたのに」と怒りをぶちまけていた。

大竹は、相方・三村の演技に対して「非常に良かった。余計なことをしていない感があり、成長を感じた」と“上から目線”で高評価。自身の出演シーンについては、「友情出演かと思った」ほど短く感じたそうだが、内心ホッとした様子で「映画は大きな声を出さなくていいんですね。監督からも100%の力は出さなくていいと言われた」とおどけて見せた。

かずら」はクロックワークス配給で、1月30日から渋谷シネクイントほか全国で順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi