没後400年・画家カラバッジョの伝記映画と代表作「洗礼者ヨハネ」が日本公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月12日 > 没後400年・画家カラバッジョの伝記映画と代表作「洗礼者ヨハネ」が日本公開
メニュー

没後400年・画家カラバッジョの伝記映画と代表作「洗礼者ヨハネ」が日本公開

2010年1月12日 12:01

現在の映画界までその影響が及ぶ、天才画家の生涯とは?「カラヴァッジョ 天才画家の光と影」

現在の映画界までその影響が及ぶ、天才画家の生涯とは?
(C)2007 RAI PICTION TITANIA PRODUCTION INSTITUTE DEL
CINEMA CATALA EOS ENTERTAINMENT GFM PRODUCTIONS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年は日本で太宰治松本清張といった文豪の生誕100年で彼らの代表作が続々と映画化されたが、今年は世界的な画家のメモリアルイヤーが多い。ゴッホ没後220年、ルソー没後100年、モディリアーニ没後190年などがそうだが、中でも代表的なのがイタリアの紙幣にもなった、ミラノ生まれのバロック絵画の巨匠カラバッジョ(1571~1610)の没後400年というもの。これを記念して2月13日に日本公開されるのが、映画「カラヴァッジョ/天才画家の光と影」(アンジェロ・ロンゴーニ監督)だ。

同作は「聖マタイの召命」といった名画誕生の秘密や、カラバッジョの芸術にかける情熱、気性の激しさから破綻した私生活など、カラバッジョの人生の光と影、そして彼に魅了された3人の女性たちの運命を描き出している。撮影監督を「地獄の黙示録」「レッズ」「ラストエンペラー」で3度のアカデミー賞に輝くビットリオ・ストラーロが担当していることも注目で、ストラーロは20代のころに「聖マタイの召命」に感銘を受け、「『聖マタイの召命』が伝えようとしている光と影の意味を理解することが、生涯かけて探求してきたテーマだ」とまで言及。“光の魔術師”といわれ、多くの賞賛を得る撮影監督の大家たるストラーロも、カラバッジョに影響を受けたひとりであり、彼がつむぎだす濃厚な映像に描き出されるカラバッジョの人生は圧巻だ。

また、映画に先立ち09年10月~12月に京都国立近代美術館で開かれ、1月16日からは東京都美術館で開催される「ボルゲーゼ美術館展」では、カラバッジョの代表作「洗礼者ヨハネ」が日本初公開。近年では「フェルメール展」(08年・東京都美術館)が93万人、「国宝 阿修羅展」(09年・東京国立博物館)が90万人、「ルーヴル美術館展」(09年・国立西洋美術館)が85万人を動員するなどし、美術鑑賞がブームになりつつあるいま、400年の時をさかのぼり、天才画家カラバッジョの生涯とその作品を、映画館と美術館で楽しみたい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi