柴咲コウ「くすぶっていた」前年を払拭 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月10日 > 柴咲コウ「くすぶっていた」前年を払拭
メニュー

柴咲コウ「くすぶっていた」前年を払拭

2010年1月10日 23:06

新成人へ「いっぱい悩むべき!」とエール「食堂かたつむり」

新成人へ「いっぱい悩むべき!」とエール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 累計発行部数26万部を超える小川糸の人気小説を柴咲コウ主演で映画化した「食堂かたつむり」(2月6日公開)のヒット祈願イベントが1月10日、東京・虎ノ門の金刀比羅宮で行われた。柴咲をはじめ、余貴美子、ブラザートム、富永まい監督が結集。料理をテーマにした同作にちなみ、かたつむり型の野菜オブジェを奉納した。

失恋のショックから心因性失声症になった倫子(柴咲)が、自由奔放な母(余)の暮らす田舎で「食堂かたつむり」を開店。メニューを決めず、1日1組の客のためにイメージを膨らませて料理を作るうち、徐々に元気を取り戻していく姿を描く。

吹き替えなしですべての調理シーンに挑んだ柴咲は、「食べることは生きること。生きることは食べること。そんな人間にとって当たり前のことを今一度再確認させてくれる温かい作品に仕上がった」と自画自賛。昨年末には、おせち料理作りにもチャレンジしたそうで「この作品で学んだことが、年末のおせち作りにもつながった。去年はくすぶっていたけれど、今年は飛び立ちたい」と飛躍を誓った。

11日の成人式を前に、柴咲は「私自身、20歳のときは大人と子どもの間で揺れ動いて葛藤もあった。でもいっぱい迷ったり悩んだりした方がいいと思います」と新成人にエール。余は劇団員だった20歳当時を振り返り、「いつの間にかこんな歳になってしまって……悲しい青春でした。新成人の皆さんには私のような人生を送らないようにと言いたい」。ブラザートムは、「最近、物忘れが激しくて(笑)。確か20歳くらいで成人式やったかなぁ」ととぼけて見せたが、最後は「ぜひ自分たちが一番正しいと信じて、やりたいことをやればいいと思います。そうすれば日本は明るくなるはず」と語った。

食堂かたつむり」は東宝配給で、2月6日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi