「アバター」が公開20日で世界興収歴代2位に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月8日 > 「アバター」が公開20日で世界興収歴代2位に!
メニュー

「アバター」が公開20日で世界興収歴代2位に!

2010年1月8日 18:03

「タイタニック」を超えられるか?「アバター(2009)」

「タイタニック」を超えられるか?
(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェームズ・キャメロン監督のSF超大作「アバター」(公開中)が1月6日、公開からわずか20日間で全世界興収ランキングの歴代第2位に躍り出たことが明らかになった。

アバター」の世界興収は同日11億3500万ドルを突破(内訳は、北米が約3.74億ドル、それ以外の世界が約7.61億ドル)。これまで11億2000万ドルで第2位だった「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」(03)を上回った。世界興収18億4200万ドルで不動の歴代第1位の座にあるのは「タイタニック」(97)。これで、1位、2位ともにキャメロン監督作品が占めたことになる。

前日の1月5日付けの「アバター」の興収は10億9800万ドルで、この段階でこれまで第3位にあった「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」を抜いていた。このペースが続けば、不可能とも言われた「タイタニック」超えをキャメロン監督自ら成し遂げるかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi