薬師丸ひろ子、20年ぶりライブでファン1000人を前に往年ヒット曲を熱唱 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月7日 > 薬師丸ひろ子、20年ぶりライブでファン1000人を前に往年ヒット曲を熱唱
メニュー

薬師丸ひろ子、20年ぶりライブでファン1000人を前に往年ヒット曲を熱唱

2010年1月7日 19:58

20年ぶりにライブで熱唱する薬師丸ひろ子「今度は愛妻家」

20年ぶりにライブで熱唱する薬師丸ひろ子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「今度は愛妻家」に主演する薬師丸ひろ子が1月7日、東京・グランドプリンスホテル赤坂で行われた「薬師丸ひろ子 songs 2010/映画『今度は愛妻家』公開記念」ライブで20年ぶりに往年のヒット曲を生披露。約1000人のファンを大いに沸かせた。

薬師丸がライブに出演するのは、「NTTサウンドコンサート・ハートデリバリー薬師丸ひろ子'90」以来20年ぶりのこと。映画「今度は愛妻家」のキャンペーンの目玉として開催され、昨年12月に8940(やくしまる)円で発売されたチケット2000枚(東京、大阪各1000枚)はわずか3分間で完売する根強い人気を見せつけた。

この日はシングルデビュー曲で当時86万5000枚を売り上げた「セーラー服と機関銃」をはじめ、会場に集まる往年のファンの期待に応えるために、薬師丸本人が「探偵物語」「あなたを・もっと・知りたくて」など12曲を選曲した。薬師丸が主演した映画の名シーン集とともに「メイン・テーマ」でライブが幕開けると、満員の客席からは大喝采が起こり、最初こそ緊張した面持ちだった薬師丸は、全盛期と変わらぬ透明感あふれる歌声でファンを魅了。最終的にはアンコールで2曲を追加し、計14曲を歌い上げた。

「何10年ぶりかに(笑)皆さんの前で歌える機会を持てて、うれしく思っています」とファンに挨拶した薬師丸は、今回のライブが「今度は愛妻家」の打ち上げパーティで自分の歌を披露したことがきっかけだったとコメント。また昨年9月に放送されたテレビドラマ「戦場のメロディ」で実在の歌手・渡辺はま子を演じたことで、自分と歌との距離が縮まったことも背中を押したと語り、「歌の力ってすごいなって。この1年、皆さんにとって、素敵なことがたくさん起こりますようにと願いをこめてステージに上がりました」とファンに語りかけた。

映画は、02年に初演された同名ヒット舞台劇が原作。かつては売れっ子だったが今は仕事がなく、だらけた毎日を送っているカメラマン・北見俊介(豊川悦司)と、大の健康マニアの妻・さくら(薬師丸)が、結婚10年目にある重大な局面を迎える姿を描く。ライブの中盤では、豊川と行定監督も参加するトークイベントが開催され、「素晴らしいですね。1曲1曲自分の青春時代とオーバーラップしました」(豊川)、「歌は時代を越えるんですね。ありがとうございますと言いたいです」(行定監督)と薬師丸の熱唱に感激しきり。「きらきらひかる」以来約17年ぶりとなる薬師丸との夫婦役に、「今回、キスシーンがないのが残念でした」と不満をもらす豊川だが、「さくらという女性は薬師丸さんしか考えられない。近年の薬師丸さんの作品では、ベストだと確信している」と太鼓判。薬師丸は「この寒い季節に心がポッと温かくなっていただければ。映画を通して、大事な人をもう一度再確認してほしい」と1000人のファンにアピールした。

今度は愛妻家」は東映配給で2010年1月16日全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi