「スパイダーマン4」撮影延期!悪役めぐりライミ監督とスタジオが衝突? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月7日 > 「スパイダーマン4」撮影延期!悪役めぐりライミ監督とスタジオが衝突?
メニュー

「スパイダーマン4」撮影延期!悪役めぐりライミ監督とスタジオが衝突?

2010年1月7日 16:34

スケジュールの見通しが立たず…「ゾディアック」

スケジュールの見通しが立たず…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] サム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演の人気シリーズ最新作「スパイダーマン4」の撮影が延期されたことが明らかになった。

マーベルスタジオと太いパイプを持つと言われる米映画ジャーナリストのニッキ・フィンケがブログDeadline Hollywoodでスクープしたところによると、同作のクランクインはもともと2月に予定されていたが、3月、4月へと徐々にずれ込んだあげく、現時点ではスタートの見通しがまったく立たない状態だという。

延期の原因だが、脚本が難航していることにあるようだ。同作の脚本にはこれまで、ジェームズ・バンダービルト(「ゾディアック」)、デビッド・リンゼイ=アベアー(アニメ「ロボッツ」原案・脚本)、ゲイリー・ロス(「シービスケット」)といった名脚本家たちが携わってきたが、ライミ監督がいずれのバージョンにも納得していないという。現在は、「スパイダーマン2」と「3」の脚本家アルビン・サージェントがさらなるリライトに着手している。

それに加えて、米ハリウッド・レポーター誌によれば、「スパイダーマン4」に登場させる悪役のチョイスをめぐって、ライミ監督とスタジオのソニー・ピクチャーズが対立しているらしい。翼付きの飛行スーツを着用するバルチャーという老人の悪役をメインに据えたいライミ監督に対して(監督はジョン・マルコビッチの起用を希望)、ソニー側はセクシーな女性の悪役ブラックキャットを投入して、サブプロットに恋愛の要素を加えたいと考えているようだ。

「スパイダーマン4」の全米公開日は早い段階から2011年5月6日と、サマーシーズン最初の週末という絶好のポジションに設定されている。ソニーでは何とか今夏にもクランクインして公開日を死守したい意向だが、現時点で脚本が上がっていないようではおそらく公開も2カ月ほど延期されるのではというのが大方の見方だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi