米有名評論家の2009年映画ベスト10  「おくりびと」がランクイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月24日 > 米有名評論家の2009年映画ベスト10  「おくりびと」がランクイン
メニュー

米有名評論家の2009年映画ベスト10  「おくりびと」がランクイン

2009年12月24日 11:29

インディーズのベスト10にランクイン!「おくりびと」

インディーズのベスト10にランクイン!
(C)2008映画「おくりびと」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカを代表する映画評論家のロジャー・エバートが、米シカゴ・サンタイムズ紙に連載中のコラムで、2009年度の映画ベスト10を発表した。

エバートは、こうしたベスト10を選出するたびに読者から寄せられる、「誰も聞いたことがないマイナーな映画ばかり」「大作ばかりでインディーズ映画を無視している」という2つの正反対のクレームに対処するため、今年は「メインストリーム」と「インディーズ」の2部門に分けてそれぞれのベスト10を発表することにしたという。2つのリストのどちらかがより優れているといったことはなく、ここに挙げられた20作品はすべて、「今年の映画ベスト10の1本」と謳っていいそうだ。なお、恒例の(1人)審査員特別賞は、「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)に贈られた。

ロジャー・エバートが選んだ2009年メインストリーム映画のベスト10は以下の通り(順不同)。

バッド・ルーテナント」(ベルナー・ヘルツォーク監督)
「クレイジー・ハート(原題)」(スコット・クーパー監督)
「アン・エデュケーション(原題)」(ロネ・シェルフィグ監督)
ハート・ロッカー」(キャスリン・ビグロー監督)
イングロリアス・バスターズ」(クエンティン・タランティーノ監督)
ノウイング」(アレックス・プロヤス監督)
プレシャス」(リー・ダニエルズ監督)
「ア・シリアス・マン(原題)」(ジョエル&イーサン・コーエン監督)
マイレージ、マイライフ」(ジェイソン・ライトマン監督)
「ホワイト・リボン」(ミヒャエル・ハネケ監督)

2009年インディーズ映画のベスト10は以下の通り(順不同)。

おくりびと」(滝田洋二郎監督)
「ディスグレース(原題)」(スティーブ・ジェイコブス監督)
「エバーラスティング・モーメンツ(原題)」(ヤン・トロエル監督)
「グッバイ・ソロ」(ラミン・バーラニ監督)
「ジュリア(原題)」(エリック・ゾンカ監督)
静かな光」(カルロス・レイガダス監督)
闇の列車、光の旅」(ケイリー・フクナガ監督)
「スキン(原題)」(アンソニー・ファビアン監督)
「トラッカー(原題)」(ジェームズ・モッターン監督)
愛おしき隣人」(ロイ・アンダーソン監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi