カンヌが絶賛した日仏ハーフの子役ノエ・サンピ「次はベルリンへ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月23日 > カンヌが絶賛した日仏ハーフの子役ノエ・サンピ「次はベルリンへ」
メニュー

カンヌが絶賛した日仏ハーフの子役ノエ・サンピ「次はベルリンへ」

2009年12月23日 16:06

ストレートな発言に大人はタジタジ「ユキとニナ」

ストレートな発言に大人はタジタジ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「パリ・ジュテーム」で出会った日本の鬼才・諏訪敦彦とフランスの俳優イポリット・ジラルドが共同監督を務める「ユキとニナ」のイベント試写会が12月22日、東京・飯田橋の日仏学院で行われ、来日した主演のノエ・サンピが舞台挨拶に立った。

演技初挑戦だったにもかかわらず、第62回カンヌ国際映画祭で絶賛を浴びたノエは「映画に出られたことがすごくうれしかった。(絶賛されたことは)変な感じ」と緊張気味。諏訪監督は、「7カ月ぶりの再会だけど、ずいぶんと成長したね。彼女の素晴らしい存在感が映画で表現できていると思う」とガチガチのノエを優しくフォローした。撮影の思い出を聞かれたノエが、「ニナちゃんとケンカするシーンが楽しかった。ちょっと前に本当にケンカしていたから」と実体験を活かした芝居があったことを明かすと、諏訪監督は「あ、そうだったの! 知らなかった」と驚いていた。

また、ゲストとして第51回日本レコード大賞新人賞、第42回日本有線大賞新人賞を史上最年少で受賞した演歌歌手のさくらまやが応援に駆けつけ、「ジャクソン5」のクリスマスソング「ママがサンタにキッスした」を披露した。さくらは、練習してきたというフランス語の挨拶も披露し「天才と言われるとうれしいけど、私も恥ずかしいと思うときもある」とノエに共感。2010年の抱負を聞かれると、さくらは「キャンペーンでお世話になった方々に、お礼を伝えにまたキャンペーンに行きたい」と話し、ノエは「ベルリンの映画祭に行きたい」とサラっと大胆発言を口にして諏訪監督を困惑させていた。

同作は、フランス人と日本人の間に生まれパリで育った少女・ユキが、両親の離婚を阻止しようと親友のニナと家出する姿を通し、少女たちのみずみずしい成長を描いた物語。

ユキとニナ」はビターズ・エンド配給で、1月23日から全国で順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi