第33回日本アカデミー賞司会は関根勤&木村多江 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月22日 > 第33回日本アカデミー賞司会は関根勤&木村多江
メニュー

第33回日本アカデミー賞司会は関根勤&木村多江

2009年12月22日 16:19

授賞式当日は物まね封印!「沈まぬ太陽」

授賞式当日は物まね封印!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第33回日本アカデミー賞の司会を初めて務める関根勤木村多江が12月22日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で会見した。関根は、昨年まで12年連続で司会を担当してきた関口宏からのバトンタッチとなり、男性司会者としては8人目。「主役は映画であり、関係者の皆さんであり、俳優の皆さん。僕はでしゃばらずに臨みたい」と決意をのぞかせた。

同賞は1978年に第1回が開催され、今年で33回目。日本アカデミー賞協会の高井英幸会長は、「映画業界は今年も邦画のシェアが洋画のシェアを上回りそうな気配が濃厚。23日には洋画の注目作『アバター』が公開されるが、この不況下で映画界がどうにか頑張っているぞというところをお見せしたい」と意気込んだ。

関根は、同賞を毎年テレビで楽しんでいるそうで「まさか司会をやらせていただけるとは思わなかった。妻からは早速、『当日は水分を控えめにするように』と助言をもらいました。とにかく一生懸命頑張りたい」と宣言。今年の第32回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を獲得した木村は、「(前回司会の)樹木希林さんをあこがれの眼差しで見ていたので、大変緊張しています」と恐縮しきり。今回も優秀助演女優賞にノミネートされており、「前回の受賞でやっと役者としてスタートラインに立てた。それが逆にハードルを高くし、役者について悩み考え直すきっかけにもなった。関根さんに胸を預ける気持ちで、皆さんに楽しんでいただける授賞式にしたい」と語った。

なお、優秀作品賞は「ヴィヨンの妻/桜桃とタンポポ」「沈まぬ太陽」「ゼロの焦点」「劔岳 点の記」「ディア・ドクター」の5作品。各賞も発表され、最多ノミネートは「ヴィヨンの妻」と「沈まぬ太陽」の12部門で、「ゼロの焦点」「劔岳 点の記」の11部門、「ディア・ドクター」の10部門と続いている。

第33回日本アカデミー賞は、2010年3月5日に同館で開催。日本テレビをキーステーションに全国28局で午後9時から放送される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi