ジェームズ・キャメロン監督「アバター」で来日 滝クリもウットリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月21日 > ジェームズ・キャメロン監督「アバター」で来日 滝クリもウットリ
メニュー

ジェームズ・キャメロン監督「アバター」で来日 滝クリもウットリ

2009年12月21日 20:43

「タイタニック」に続いて大ヒット「アバター(2009)」

「タイタニック」に続いて大ヒット
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「タイタニック」以来12年ぶりの劇場長編作「アバター」を引っさげジェームズ・キャメロン監督が来日。12月21日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたジャパンプレミアで、プロデューサーのジョン・ランドーとともに舞台挨拶に立った。

同作は、地球から5光年離れた神秘の星パンドラで、自らの分身となる“アバター”を操る青年ジェイク(サム・ワーシントン)と星の住民ナヴィ族との交流や、鉱物資源を巡って巻き起こる地球とパンドラの戦いを、最新のデジタル3D技術を導入して描いたSF超大作。日本を除く世界各国で18日に公開され、106カ国で初登場ナンバーワンを獲得しており、続編やリメイクではないオリジナル作品としては最高記録となる、公開3日間で世界興収2億ドル突破の大ヒットを樹立した。

キャメロン監督は、「ヒットしているのもそうだが、それ以上にハートを動かされた、感動したという声が多いのがうれしいね」と満足げ。さらに、日本の観客に向けて「アクションやビジュアルだけではなく、ハートに訴えるものがあると思う。ぜひ皆さんの目で判断してほしい」と自信たっぷりにPRした。映画のプロモーションで来日するのは「タイタニック」以来12年ぶりだが、「『タイタニック』は東京でワールドプレミアを行い、大ヒットした。東京は験がいい場所なんだ。東京の皆さんにお見せできるのがうれしいよ」と終始ご機嫌だった。

また、花束贈呈ゲストとしてフリーキャスターの滝川クリステルも登場。司会者から“斜め45度”でのPRをリクエストされたが、「もう卒業したので……」と及び腰だ。それでも、「映画の概念を覆された。初めての大人が楽しめる3D映画。私も3D映画は初めてでしたが、別世界にいざなわれて、見終わった後もしばらく抜け出せなかった」と“初体験”にウットリだった。

アバター」は12月23日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi