「ソラニン」三木監督、現役早大生に熱いエール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月18日 > 「ソラニン」三木監督、現役早大生に熱いエール
メニュー

「ソラニン」三木監督、現役早大生に熱いエール

2009年12月18日 11:32

母校で後輩たちに監督作を披露「ソラニン」

母校で後輩たちに監督作を披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 累計60万部を突破した浅野いにおの青春コミックを、宮崎あおい主演で映画化した「ソラニン」の三木孝浩監督と脚本を担当した高橋泉が12月17日、東京・早稲田大学の大隈講堂で開催中の第22回早稲田映画まつりでトークショーを行った。

同作は、音楽で成功する夢を諦めきれないフリーターの種田と、OL2年目で突然会社を辞めてしまった芽衣子の恋愛を軸に、夢と現実の間で葛藤する若者たちの姿を描く青春映画。共演に高良健吾桐谷健太、ロックバンド「サンボマスター」の近藤洋一らが顔を揃える。

同大出身の三木監督は、在学中は映画サークル「映像制作集団 浪人街」に所属していたそうで「学生のころから映画監督になりたくて、時間はかかったけど夢が叶いました。皆さんも今の自分を肯定して、前に進んでいくことで見えてくる未来があると思うので、『ソラニン』を見てそれを感じ取ってほしいです」と後輩たちに熱いメッセージを送った。

宮崎らが実演していることで話題になったライブシーンでは、「漫画だとライブシーンの音楽などは読み手の想像に委ねるところが大きいけれど、映画では生身の人間がやることで、その瞬間を超えたいと思いました」とPV監督として活躍する三木監督ならではの手腕が発揮されたようだ。また、「キャスティングは、この人たちしかいないと思うくらい大満足です」とキャストを大絶賛した。

ある朝スウプは」など独創的な世界観で知られる脚本の高橋は、「浅野さんから特に注文はなく、自分の作品をどんどん壊していってほしいという感じでした。漫画の言葉ってシナリオほど直接的でないので、原作の雰囲気を壊さないように気をつけました」と話した。

ソラニン」はアスミック・エース配給で、2010年4月公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi