日本映画「フツーの仕事がしたい」ドバイ映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月17日 > 日本映画「フツーの仕事がしたい」ドバイ映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞
メニュー

日本映画「フツーの仕事がしたい」ドバイ映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞

2009年12月17日 11:37

キターーー!「フツーの仕事がしたい」

キターーー!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第6回ドバイ国際映画祭で12月16日、日本映画「フツーの仕事がしたい」(土屋トカチ監督)が、最優秀アジア・アフリカ・ドキュメンタリー賞を受賞した。同賞は、昨年の「精神」(想田和弘監督)に続き、2年連続で日本映画が戴冠したことになる。

土屋監督は、自分の名前が呼ばれた瞬間を「ロンドン(今年のレインダンス映画祭でベスト・ドキュメンタリー賞受賞)の時はパニックになりましたが、今日は落ち着いて『よっしゃ、来た!』と思いました」と振り返った。また、「日本では賞をいただけなかったのですが、海外での評価が高くてうれしい」とコメントした。

同作は、劣悪な労働環境に置かれた日本のセメント輸送運転手が、ユニオン(労働組合)の力を借りて、会社側と闘う様子を描いている。「ドバイでの上映を見た観客から、この映画と同じことは世界中で起こっているので、どの国の人が見てもハートに響くと言われたのが印象的だった」と語った。賞金の4万ドルの半分は、同作の製作に協力してくれた人々に分配し、残りは次回作につぎ込むという。

同映画祭のコンペティション部門は、アラブ映画部門とアジア・アフリカ映画部門に分かれ、それぞれに最優秀作品賞、最優秀ドキュメンタリー賞が設けられているため、4つの主要な賞のひとつを獲得したことになる。また、日本とイラクの共同製作による「僕たちのキックオフ」が、アラブ映画部門の奨励賞を受賞している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi