ジブリ新作「借りぐらしのアリエッティ」来夏公開 新人監督で英文学映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月16日 > ジブリ新作「借りぐらしのアリエッティ」来夏公開 新人監督で英文学映画化
メニュー

ジブリ新作「借りぐらしのアリエッティ」来夏公開 新人監督で英文学映画化

2009年12月16日 16:04

2010年のジブリはアリエッティ!「借りぐらしのアリエッティ」 2010年のジブリはアリエッティ!
(C)2010 GNDHDDTW
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 邦画配給大手の東宝が12月16日、2010年劇場公開作のラインナップを発表。その中でスタジオジブリの最新作「借りぐらしのアリエッティ」が、来夏公開されることが分かった。今年10月に行われた「崖の上のポニョ」の製作舞台裏を追ったドキュメンタリー「ポニョはこうして生まれた。/宮崎駿の思考過程」DVDの発売記念イベントで、同社の鈴木敏夫プロデューサーが「次回作は新人監督で、詳細は12月に発表」と公言していた通り、監督は同作がデビューの米林宏昌が務める。

ジブリの長編劇場アニメーションとしては、08年の宮崎駿監督作「崖の上のポニョ」以来2年ぶり。1953年に発表されたイギリスの女性作家メアリー・ノートンによる児童文学で、カーネギー賞、アメリカ図書館協会賞などを受賞している名作「床下の小人たち」(岩波少年文庫刊)の映画化。人間の家の床下で、さまざまな生活品を拝借して暮らす体長15センチほどの小さなアリエッティ一家が、その家に引越してきた男の子に姿を見られたことから起こる騒動を描いた作品で、95年にはイギリスで「ボロワーズ/床下の小さな住人たち」(日本未公開)として実写映画化もされている。

米林監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、「ゲド戦記」で作画監督補、三鷹の森ジブリ美術館で上映された短編「めいとこねこバス」でアニメーション演出など、多数のジブリ作品に携わってきたアニメーター。企画に宮崎駿監督も名を連ね、主題歌にはフランス出身のハープ奏者シンガーのセシル・コルベルを起用している。

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • わたしは生きていけるの評論 わたしは生きていける 思春期の少女が抱える不安を、戦争というモチーフに置き換えて語るサバイバルドラマ
  • 郊遊 ピクニックの評論 郊遊 ピクニック 観客に媚びず、忍耐を強いることで真実を伝える監督の最終作
  • 物語る私たちの評論 物語る私たち サラ・ポーリーとその家族が、自分たちの秘密を大胆なおおらかさで語る秀作
映画評論の一覧を見る
採用情報