ビビアン・スー、7年ぶり日本での活動再開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月16日 > ビビアン・スー、7年ぶり日本での活動再開
メニュー

ビビアン・スー、7年ぶり日本での活動再開

2009年12月16日 05:59

ビビアン・スーにまた会える!

ビビアン・スーにまた会える!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 台湾出身のタレント、ビビアン・スーが2010年、日本での活動を本格的に再開することが分かった。復帰第1弾として、ユニバーサルミュージックとメジャー契約を交わし、同社のレーベル「ファー・イースタン・トライブ・レコーズ」から新曲「Beautiful Day」を来春リリース。その後は音楽、ドラマ、CM、映画など多方面で活動していく方針だ。

日本では03年、人気アニメ「機動戦士ガンダムSEED」の主題歌「moment」を元「SIAM SHADE」の遠藤一馬と結成したユニット「Vivian or Kazuma」としてリリース。本編にも声優として参加したが、その後、活動の拠点を出身地の台湾に移していた。歌手、女優として幅広く活躍し、今年3月の第1回沖縄国際映画祭では、自身の出演作「誠実なおつき合いができる方のみ」の舞台挨拶で来日もしている。


ビビアンがテーマソングを歌う アニメ「くるねこ」

ビビアンがテーマソングを歌う
アニメ「くるねこ」
[拡大画像]

新曲「Beautiful Day」は、関西テレビと東海テレビで今年7月から放送中の短編アニメ「くるねこ」のテーマソングとして、一足早くテレビ放送されている。同作は、拾った子ネコと飼い主の日常を描いた人気ブログ漫画が原作で、女優の小林聡美がひとりでネコと飼い主の声を担当。ネコのアニメというソフトな内容と、ビビアンの持つ優しいイメージがマッチするとして製作陣が熱烈なラブコールを送り、ビビアン側も全容を聞いて快諾しテーマソングが実現した。これまでアーティスト名が伏せられていたために、同作公式サイトの掲示板には「だれが歌っているのか?」といった書き込みや問合せもあるというが、満を持して正体がビビアンであることが明かされた格好だ。12月18日には、ビビアンの歌声の入った「くるねこ」DVD第1巻も発売される。

ビビアンは、日本での活動再開について「小さいころの幼なじみと会ったみたいな感じで、すごくうれしくて、興奮しています! 会っていない間にどのぐらい成長したのか? そして、皆さんとすべての喜怒哀楽を分かちあいたいです」とコメントを発表。新曲「Beautiful Day」については、「仕事が忙しく私と同じようになかなかバケーションに行けない友だちもたくさんいると思います。そんな時、この曲がみなさんに少しでも緑や大自然を楽しませる感じを与えられたらと思います」と話している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi