こども店長、レッドカーペットで“ガチガチ”英語挨拶を披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月15日 > こども店長、レッドカーペットで“ガチガチ”英語挨拶を披露
メニュー

こども店長、レッドカーペットで“ガチガチ”英語挨拶を披露

2009年12月15日 19:44

吹き替え版はジョーンズ監督のお墨付き「かいじゅうたちのいるところ」

吹き替え版はジョーンズ監督のお墨付き
[拡大画像]

[映画.com ニュース] モーリス・センダックの名作絵本を映画化した「かいじゅうたちのいるところ」のジャパンプレミアが12月15日、東京・港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、スパイク・ジョーンズ監督、主演の子役マックス・レコーズ、日本語吹き替え版のボイスキャストを務めた“こども店長”こと加藤清史郎高橋克実がレッドカーペットに登場した。

母親とケンカをして家を飛び出した8歳の少年マックスが、不思議な“かいじゅう”たちの暮らす孤島で冒険を繰り広げるファンタジー。撮影当時9歳で現在12歳のマックスは、デジタルカメラを片手に、会場の様子を撮影するなどプレミアを満喫。一方、タキシードに身を包んだ加藤は、緊張しきりで表情も少々硬めだった。

加藤は、マックスらに「ウェルカム・トゥ・ジャパン! サンキューベリーマッチ」と特訓を重ねたという英語での挨拶を披露。かいじゅうのリーダー的存在であるキャロルの声を演じる高橋は、「こっち(キャロル)は毛むくじゃら。私は全然毛むくじゃらじゃないです」と笑いを誘った。そんな2人の日本語吹き替えに、ジョーンズ監督は「役柄にとてもマッチしていて感動した」と太鼓判。マックスは、「作品を気に入ってくれるとうれしい」とアピールしていた。

かいじゅうたちのいるところ」はワーナー・ブラザース配給で、2010年1月15日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi