山本耕史 “自分の分身”に「ご苦労さま」 NHK時代劇「陽炎の辻」正月SPで完結 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月15日 > 山本耕史 “自分の分身”に「ご苦労さま」 NHK時代劇「陽炎の辻」正月SPで完結
メニュー

山本耕史 “自分の分身”に「ご苦労さま」 NHK時代劇「陽炎の辻」正月SPで完結

2009年12月15日 11:28

人気シリーズ完結に感慨もひとしお

人気シリーズ完結に感慨もひとしお
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来年1月1日放送のNHK正月時代劇「陽炎の辻 居眠り磐音 江戸双紙 海の母」の発表会見が12月14日、都内のNHKで行われた。同作は、俳優・山本耕史が主演し、3年にわたり続いた人気シリーズの完結編にあたるもの。山本は慣れ親しんだ役を「山本耕史自身としても学ぶところがありました。自分の分身のようです」と感慨深げに振り返り、「ご苦労さまでした。大変なときもありましたね。ありがとう」と笑顔で別れを告げた。

「陽炎の辻」は、小説家・佐伯泰英の「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを原作にした時代劇シリーズで、2007年から連続ドラマが3本、正月スペシャルが1本作られてきた。第3シリーズでは、シリーズ開始当初は浪人だった山本演じる主人公・磐音(いわね)が、中越典子演じる江戸娘・おこんと結婚し江戸一番の道場の跡継ぎとなった。今回の正月スペシャルではその後の磐音らの姿が描かれる。

磐音が須賀健太演じる少年の仇討ちの助太刀をすることになるが、仇討の相手は水野美紀演じる少年の実の母だった……というストーリー。須賀は「殺陣に緊張していたけれど、山本さんが練習相手になってくれたので楽しくやることができました」、また「山本さんが僕と同じゲーム(『ドラゴンクエスト9』)を持っていて、一緒にやろうかって言ってくれて……」と、緊張をほぐしてくれた山本に感謝しきり。水野も「スタッフのチームワークがものすごいんです。山本さんに求心力があるからなんだろうと思いましたね」と感心していた。

「陽炎の辻 居眠り磐音 江戸双紙 海の母」は、NHK総合テレビで、来年1月1日の夜7時20分より放送(73分)。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi