K・ビグロー監督「ハート・ロッカー」がLA映画批評家協会賞。ボストンも制す : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月14日 > K・ビグロー監督「ハート・ロッカー」がLA映画批評家協会賞。ボストンも制す
メニュー

K・ビグロー監督「ハート・ロッカー」がLA映画批評家協会賞。ボストンも制す

2009年12月14日 18:23

「ハート・ロッカー」が賞レースを一歩リード「ハート・ロッカー」

「ハート・ロッカー」が賞レースを一歩リード
Photo : ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカーレースを占う最も重要な映画賞のひとつ、ロサンゼルス映画批評家協会(LAFCA)賞が12月13日に発表され、キャスリン・ビグロー監督の戦争アクションドラマ「ハート・ロッカー(原題)」が作品賞と監督賞の2冠に輝いた。作品賞の次点はジェイソン・ライトマン監督、ジョージ・クルーニー主演の「マイレージ、マイライフ」だった。

イラク戦争を舞台に、米軍の爆発物処理班に所属する兵士たちを描いた「ハート・ロッカー」は、今年6月に全米わずか4スクリーンで公開。しかしその後評判を呼んで、8月には約500スクリーンへと拡大された。なお、同日発表されたボストン映画批評家協会賞でも作品賞・監督賞・主演男優賞(ジェレミー・レナー)を含む主要5部門で受賞。これまでのところ、賞レースを一歩リードしている格好だ。

主演男優賞は、「クレイジー・ハート(原題)」でカントリー歌手に扮したジェフ・ブリッジス。主演女優賞はフランス映画「セラフィーヌ(原題)」で実在の画家セラフィーヌ・ド・サンリスを演じたヨランド・モロー。助演男優賞には「イングロリアス・バスターズ」のクリストフ・ワルツが、助演女優賞には「プレシャス」のモニークが選ばれた。

第35回LAFCA賞の主な受賞者は以下の通り。

▽作品賞 「ハート・ロッカー
▽監督賞 キャスリン・ビグロー(「ハート・ロッカー」)
▽主演男優賞 ジェフ・ブリッジス(「クレイジー・ハート」)
▽主演女優賞 ヨランド・モロー(「セラフィーヌ」)
▽助演男優賞 クリストフ・ワルツ(「イングロリアス・バスターズ」)
▽助演女優賞 モニーク(「プレシャス」)
▽脚本賞 ジェイソン・ライトマン&シェルドン・ターナー(「マイレージ、マイライフ」)
▽撮影賞 クリスチャン・ベルジェ(「ホワイト・リボン」)
▽アニメーション映画賞 「The Fantastic Mr. Fox」(ウェス・アンダーソン監督)
▽外国語映画賞 「夏時間の庭」(オリビエ・アサイヤス監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi