「T4」アントン・イェルチン、日本映画へ思い馳せる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月14日 > 「T4」アントン・イェルチン、日本映画へ思い馳せる
メニュー

「T4」アントン・イェルチン、日本映画へ思い馳せる

2009年12月14日 12:00

DVD&ブルーレイで、アントンの活躍を再チェック!「ターミネーター4」

DVD&ブルーレイで、アントンの活躍を再チェック!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今夏、6年ぶりのシリーズ最新作として話題を集めた「ターミネーター4」(マックG監督)のDVD&ブルーレイが好評発売中だ。シリーズ前3作で描かれた時代とは異なり、「審判の日」以降の未来世界を描くため、新たなキャストも続々と参加。そんな同作に少年期のカイル・リースという重要な役で出演した、ハリウッド期待の若手俳優アントン・イェルチンが語った。

今年はJ・J・エイブラムスの「スター・トレック」にも主要キャストとして出演。タイプの異なる2つのSF大作への出演に、「俳優としてすごい幸運に恵まれたと思う」と喜ぶイェルチン。「もちろんプレッシャーは感じたよ。ファンが楽しめる作品にしたかったしね。でも、これまで自分がやってきたことを信じて、十分に取り組めたと考えなきゃいけないんだ」と大作に臨む際の心構えを語ってくれた。「不安な気持ちを捨てないと、それが演技に出てきてしまうからね」

同作では、ジェームズ・キャメロンの超大作「アバター」の主演にも抜擢されたサム・ワーシントンとの共演シーンが多い。イェルチンもワーシントンも、今後のハリウッド映画を語る上で欠かせない注目の俳優だが、「彼とは互いの考え方が似ていることもあって、とても仲良くなれた」と笑顔をのぞかせる。「それぞれのシーンをきっちりと演じて、人物に深みを出すために一緒に努力した。特にシリーズの最初の2作に敬意を払い、人物の奥深さや誠実な描写を踏襲したんだ。『ターミネーター4』をDVDやブルーレイで楽しむときは、ぜひそういう僕らの努力の結晶を見てもらえるとうれしいな」

来年3月に公開予定の日本映画「誰かが私にキスをした」(ハンス・カノーザ監督)では、堀北真希松山ケンイチと共演しているが、やはり日本映画では黒澤明監督の作品が大好きだと語る。「彼が映画界に与えた影響は計り知れないよね。どの作品も深みがあり、すごく哲学的だ。アクションも多く撮られているけど、そのために哲学的な要素がかすむことがなく、むしろ補完している。彼は本当に巨匠で、素晴らしい監督だと思う。それから、日本人のポップ・カルチャーのセンスは抜群だね。『ターミネーター4』には暗い面も難解なところもあるけど、とてもポップな作品なんだ。そういうところは、日本のポップ・カルチャーの要素も参考になるんだ」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi