アカデミー賞視覚効果部門最終候補作に、「アバター」など15本 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月14日 > アカデミー賞視覚効果部門最終候補作に、「アバター」など15本
メニュー

アカデミー賞視覚効果部門最終候補作に、「アバター」など15本

2009年12月14日 12:00

VFXは「アバター」の独壇場だが…「アバター(2009)」

VFXは「アバター」の独壇場だが…
(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米映画芸術科学アカデミーが12月11日、第82回アカデミー賞視覚効果部門最終候補の15本を発表した。

下馬評で視覚効果部門を総ナメにすると噂されているジェームズ・キャメロン監督の3D&モーションキャプチャー技術によるSF超大作「アバター」はもちろん、ブロックバスター映画の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」や「トランスフォーマー/リベンジ」、全米ボックスオフィスでスマッシュヒットを記録したSF「第9地区」(日本では10年4月公開予定)、カルトコミックの映画化「ウォッチメン」、3Dアニメ「コララインとボタンの魔女」(10年2月公開予定)、さらには全米大ヒットを期待させるアクション大作「シャーロック・ホームズ」(10年3月12日公開)も入った。

本命視されている「アバター」以外に、どんな作品がノミネートされるのか。アカデミー賞視覚効果部門は他のカテゴリー同様に、2月2日にノミネート発表。3月7日(現地時間)の授賞式にて結果が発表される。

同賞の最終候補15作品は以下の通り(原題のABC順)。

天使と悪魔
アバター
コララインとボタンの魔女 3D
Disney's クリスマス・キャロル
第9地区
スパイ・アニマル Gフォース
G.I.ジョー
ハリー・ポッターと謎のプリンス
シャーロック・ホームズ
スター・トレック
ターミネーター4
トランスフォーマー/リベンジ
2012
ウォッチメン
かいじゅうたちのいるところ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi