「ONE PIECE」規格外の“爆走”スタートで興収50億視野 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月12日 > 「ONE PIECE」規格外の“爆走”スタートで興収50億視野
メニュー

「ONE PIECE」規格外の“爆走”スタートで興収50億視野

2009年12月12日 21:35

終わりそうにない「ONE PIECE」旋風「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」

終わりそうにない「ONE PIECE」旋風
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)「2009 ワンピース」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気漫画が原作のアニメ「ONE PIECE」の劇場版第10作「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」が12月12日、全国188スクリーンで公開。初日の興行収入は予測値で4億円を突破し、配給の東映史上前代未聞の“爆走”スタートとなった。

同作は、昨年公開の前作「ONE PIECE ワンピース エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜」が293スクリーンで公開したのに対し、188スクリーンに絞り込んでの興行展開で、前作対比417%を記録。また、データの残っている2000年以降に公開された同社配給作品のなかで、最高興収51億1000万円を記録した「男たちの大和」(2005)が、290スクリーンでの公開で初日の興収は1億7000万円にとどまっている。

東映にとって初日の興収記録2億4700万円を稼いだ「劇場版 仮面ライダーディケイド/オールライダー対大ショッカー」は全国345スクリーンでのスタート。そのほか昨年、興収44億1000万円を記録して大ヒットした「相棒 劇場版/絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」も全国300スクリーンで公開し、初日は興収2億円だっただけに、全てにおいて規格外の出足といえる。

この日は全国188スクリーンのうち、68スクリーンが正午時点で全上映回満席という人気ぶり。東京・新宿バルト9では午前2時20分からのナイトショーに至るまで全席が完売した。明日13日も、新宿バルト9、神奈川・109シネマズMM横浜、大阪・梅田ブルク7などで全上映回が満席。東映関係者によれば、「比較のしようがありませんが、興収50億円は狙っていきます」と前例のない興行展開に自信のほどをうかがわせた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi