幻の長編アニメ「バッタ君町に行く」58年ぶりに日本公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月11日 > 幻の長編アニメ「バッタ君町に行く」58年ぶりに日本公開
メニュー

幻の長編アニメ「バッタ君町に行く」58年ぶりに日本公開

2009年12月11日 11:26

58年ぶりのお披露目はニュープリントで「バッタ君町に行く」

58年ぶりのお披露目はニュープリントで
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ディズニー最大のライバルと称された、マックス・フライシャー(監督)とデイブ・フライシャー(製作)兄弟が1941年に製作した長編アニメ「バッタ君町に行く」の特別試写会が12月10日、東京・新宿の東京アニメーションカレッジ専門学校で行われた。配給を手がける三鷹の森ジブリ美術館の中島清文館長、杉並アニメーションミュージアムの鈴木伸一館長、「ホーホケキョ・となりの山田くん」で演出を担当した百瀬ヨシユキが、同校で学ぶアニメーター志望の学生らと作品の魅力を語りあった。

フライシャー兄弟が、人の動きを写し取る「ロトスコープ」という技法を用いて完成させた同作は、興行的には失敗したものの、若き日の高畑勲宮崎駿らに多大な影響を与えたことで知られる佳作。今回、ニュープリント版で58年ぶりの日本リバイバル公開が実現した。人間によって住み家を奪われた虫たちが、安全な土地への引っ越しを始めながら、幾多の苦難に巻き込まれる姿を描く。

「特別公開授業 アニメーターをやるやつは見ておくべき」と題されたこの日の試写会。中島館長は、フライシャースタジオの閉鎖などで権利が転々とした結果、ニュープリントの入手が非常に困難だったと告白。「最初は(所有者から)法外な値段をふっかけられてしまって。でも、テクニカラーだから再現性が高く、非常に美しい映像になった」と苦労が報われた様子。さらに、「やっぱりギャグが面白いんですよ。ディズニーみたいに品がいいって感じじゃないけど(笑)。それにキャラクターの個性を大切にしている」(鈴木館長)、「ちょっと野暮ったくて泥臭い。洗練されていないけど、そこが味になっているし、描き手の遊び心が見ていて楽しい」(百瀬)と再評価が高まるフライシャー作品の魅力を、若きアニメーター志望の学生たちに伝授した。

バッタ君町に行く」は12月19日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi