ジャック・ブラック、「未確認動物学」がテーマのアニメ映画をプロデュース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月9日 > ジャック・ブラック、「未確認動物学」がテーマのアニメ映画をプロデュース
メニュー

ジャック・ブラック、「未確認動物学」がテーマのアニメ映画をプロデュース

2009年12月9日 11:26

ツチノコも出ますか?「カンフー・パンダ」

ツチノコも出ますか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年、全世界で大ヒットしたドリームワークスの「カンフー・パンダ」で声優を務めたジャック・ブラックが、今度は自らアニメーション映画をプロデュースすることが分かった。

米ユニバーサル・ピクチャーズ傘下のイルミネーション・エンターテインメントの製作で、気鋭の新人脚本家ジェイソン・ミカレフのオリジナル脚本を映画化するもの。現在のところ、ブラックはプロデュースでの参加のみで、声の出演は未定。

ストーリーなど詳細は明かされていないが、英エンパイア誌によると、「未確認動物学(Cryptozoology)」の世界を舞台にした作品になるという。未確認動物学とは、イエティやネッシーなどの実在が確認されていない動物の研究のこと。

なお、「カンフー・パンダ」の続編「The Kaboom of Doom」は、2011年6月3日の全米公開が予定されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi