テリー・ギリアム監督「ドン・キホーテ」にロバート・デュバル? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月8日 > テリー・ギリアム監督「ドン・キホーテ」にロバート・デュバル?
メニュー

テリー・ギリアム監督「ドン・キホーテ」にロバート・デュバル?

2009年12月8日 11:29

資金調達が大きな課題「ロスト・イン・ラ・マンチャ」

資金調達が大きな課題
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 奇才テリー・ギリアム監督が長年暖め続けている、セルバンテスの古典小説「ドン・キホーテ」の映画化プロジェクト、「ドン・キホーテを殺した男(The Man Who Killed Don Quixote)」。2000年にいったんはクランクインしたものの、さまざまなトラブルに見舞われて製作中断するにいたった経緯がドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」(02)にもなったいわくつきの作品だ。

現在、同作の再映画化に取り組んでいるギリアム監督だが、どうやら新たなドン・キホーテを見つけたようだ。「ゴッドファーザー」「地獄の黙示録」の名優ロバート・デュバルが、米映画サイトColliderとのインタビューで、「次回作はテリー・ギリアム作品で、ドン・キホーテを演じるかもしれない」と明かしたという。

ちなみに当初、ドン・キホーテ役にキャスティングされていたのはフランス人俳優ジャン・ロシュフォール。ロシュフォールが腰痛を悪化させ乗馬できなくなったことも、この映画をめぐる災難の一つだった。

デュバルによると、ギリアム監督は「潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ」(93)でデュバルがキューバ出身の元理髪師を演じたのを見て、ドン・キホーテ役をオファーしたという。ギリアム監督の念願の企画がついに実現するときがきたのかもしれないが、残念ながらまだ製作費が調達できたわけではない。デュバルも、「ギリアムと仕事ができるのはすばらしいことだが、問題は金だ。あくまでも製作費が集まったらの話だ」と言っている。

なお、すでに最初から本作に関わっていたジョニー・デップは離脱することが分かっており、それも資金集めには不利な条件となっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi