「劇場版マクロスF」2週間で動員22万人突破の快進撃 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月8日 > 「劇場版マクロスF」2週間で動員22万人突破の快進撃
メニュー

「劇場版マクロスF」2週間で動員22万人突破の快進撃

2009年12月8日 19:28

映画も音楽も大ヒット中「劇場版マクロスF イツワリノウタヒメ」

映画も音楽も大ヒット中
(C)2009 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 11月21日からクロックワークス配給により全国30館で公開中の「劇場版マクロスF/イツワリノウタヒメ」(河森正治監督)が、公開2週間で動員22万人を突破したことが分かった。22万人は、劇中のヒロイン、ランカ・リーがアルバイトをする中華チェーン店「娘々(ニャンニャン)」にかけた数字で、ファンにはうれしい報告だ。

公開直後の11月21日~23日の3連休には多くの劇場で満員・立ち見が続出し、同週の1スクリーンあたりの平均興行収入は断トツの1位となった。それを反映して、国内興行ラインキングでも、全国30館という中規模の公開形態ながら9位に初登場し、2週目も10位にランクイン。さらに3週目を迎えて再び9位に浮上と3週連続のトップ10入りを果たしている。

「劇場版マクロスF」は、08年にTV放映された「マクロスF」を新たに描き直す劇場版2部作。83年の「超時空要塞マクロス」に発するシリーズ最新作で、同シリーズの特長でもある可変戦闘機バルキリーによるメカアクションや、歌、主人公とダブルヒロインの三角関係などがふんだんに盛り込まれており、約7割が描き直された新作カットによるハイクオリティの映像と音楽、再構築されたストーリー展開が話題に。熱心なファンによるリピーターも続出し、リピーター・プレゼントとしてチケット半券2枚で交換できる特製のキャラクターしおりも、すでに劇場によっては品切れ状態となっているという。

また、アーティストのMay'nが劇中のヒロイン、シェリル・ノームとして歌う主題歌「ユニバーサル・バニー」を収録したミニアルバムが11月25日に発売され、オリコン週間ランキング3位(デイリーランキング最高2位)を獲得。もともと歌が重要なテーマの作品であることから、TV版放映時も菅野よう子によるサウンドトラックや2人のヒロインの歌を収録したアルバムは、軒並みチャートインを果たしており、劇場版でも同様に音楽面でも話題を提供している。12月16日には、もうひとりのヒロイン、ランカ・リー(中島愛)による楽曲を集めた「CMランカ」が発売されるが、そちらの売れ行きにも注目が集まる。

劇場版マクロスF/イツワリノウタヒメ」は現在、東京・シネマサンシャイン池袋、新宿バルト9ほかにて公開中。気になる2部作後編の「劇場版マクロスF/サヨナラノツバサ(仮題)」は完全新作として現在鋭意製作中とのことだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi