ジョニー・デップとE・クストリッツァ監督が、18年ぶりに再タッグ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月4日 > ジョニー・デップとE・クストリッツァ監督が、18年ぶりに再タッグ?
メニュー

ジョニー・デップとE・クストリッツァ監督が、18年ぶりに再タッグ?

2009年12月4日 17:27

デップがプレイボーイな革命家に!?「アリゾナ・ドリーム」

デップがプレイボーイな革命家に!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョニー・デップとセルビア出身の鬼才エミール・クストリッツァ監督が、92年の「アリゾナ・ドリーム」以来となるタッグを組む可能性が出てきた。

英エンパイア誌によると、クストリッツァ監督が現在準備中の伝記映画「Seven Friends of Pancho Villa and the Woman With Six Fingers」のタイトルロールであるメキシコの革命家パンチョ・ビリャ役で、デップが出演交渉に入っているという。また、デップの相手役としてサルマ・ハエックも同時に交渉中のようだ。

同作は、「荒ぶる血」「無頼の掟」などのピカレスク小説で知られるメキシコ出身の作家ジェイムズ・カルロス・ブレイクがビリャの生涯を小説化した「The Friends of Pancho Villa」をもとに、クストリッツァとゴルダン・ミヒッチが脚色したもの。民衆に愛された勇敢な革命家であると同時に、女好きの陽気な遊び人だったというビリャは1923年、45歳で暗殺された。

全編スペイン語で製作され、クストリッツァ監督によると、デップもスペイン語の台詞を喋ることになるという。ただし、デップのスケジュールが来年いっぱい埋まっているため、クランクインは早くても2011年になるようだ。クストリッツァ監督の最新作「マラドーナ」(12月12日公開)を手がけたフランスの製作会社フィデリテが製作する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi