「ボーン4」からP・グリーングラス監督が降板!マット・デイモンの去就は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月1日 > 「ボーン4」からP・グリーングラス監督が降板!マット・デイモンの去就は?
メニュー

「ボーン4」からP・グリーングラス監督が降板!マット・デイモンの去就は?

2009年12月1日 16:56

グリーングラス監督以外の 「ボーン」はあり得ない?「ボーン」

グリーングラス監督以外の
「ボーン」はあり得ない?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マット・デイモン主演「ジェイソン・ボーン」シリーズ第2弾「ボーン・スプレマシー」と第3弾「ボーン・アルティメイタム」の監督を務めたポール・グリーングラス監督が、引き続きメガホンをとる予定だったシリーズ最新作「ボーン4(仮題)」から降板したようだ。米映画サイトThe Playlistがスクープした。

「ボーン4」に関しては以前からスタジオのユニバーサル・ピクチャーズと同監督の間の不協和音がささやかれていたが、降板の直接のきっかけは脚本家の交代劇にあったようだ。当初、「ボーン・アルティメイタム」の脚本家ジョージ・ノルフィが「ボーン4」の脚本を執筆していたが、その出来が芳しくなかったため、スタジオが新たに注目の新人脚本家ジョシュア・ゼトゥマーを起用したのが今年8月のこと。しかし、グリーングラス監督はその件に関してユニバーサルから相談を受けておらず、それが気に入らなかったのではないかと言われている。

しかも、事態を複雑にしているのが、グリーングラス監督の最新作で、同じくユニバーサル製作・デイモン主演のイラク戦争を舞台にしたスリラー「グリーン・ゾーン(原題)」(2010年3月12日全米公開)の存在だ。もともと予算1億ドルの超大作だが、グリーングラス監督が何度も撮り直しを主張した結果、製作費は実質1億5000万ドルまで膨らんでしまったという。ユニバーサル側では、「ボーン」シリーズの立役者の1人であるグリーングラス監督をつなぎ止めておくための手段として、シリーズの合間に同監督の好きな作品を撮らせていたようだが、それが高くつきすぎたのに加えて、「ボーン・アルティメイタム」のときも度重なる撮り直しで予算を超過していたことから、苛立ちを募らせていたと見られる。

そこで気になるのがジェイソン・ボーン役のデイモンの去就だ。デイモンはつねづねグリーングラス監督への「忠誠」を口にしており、同監督と一緒に降りてしまう可能性もある。そうなると、デイモンをつなぎ止めるためにユニバーサルがグリーングラス監督の慰留に努める可能性も高くなる。いずれにしても、当初予定されていた来年秋のクランクインは難しくなったようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi