「バラエティで活躍する俳優」は唐沢寿明の貫禄勝ち : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月27日 > 「バラエティで活躍する俳優」は唐沢寿明の貫禄勝ち
メニュー

「バラエティで活躍する俳優」は唐沢寿明の貫禄勝ち

2009年11月27日 12:26

どこからが演技なのか分からないこともしばしば「20世紀少年」

どこからが演技なのか分からないこともしばしば
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の唐沢寿明が、TSUTAYA onlineの行った「バラエティで活躍している俳優」ランキングを、2位に入った上地雄輔の追撃を交わして制した。3位の二宮和也、4位の相葉雅紀との票数も拮抗しており、混沌とした上位争いのなかで“嵐”の健闘ぶりも見逃せない。

唐沢は、全体投票数の約10%強を集める人気ぶりで貫禄勝ち。映画「20世紀少年」3部作から山崎豊子の人気小説をドラマ化した「白い巨塔」「不毛地帯」まで、ジャンルの異なる役どころを圧倒的な存在感で演じきる傍ら、ひょうひょうとした語り口から軽妙なジョークを繰り出す懐の大きさが投票につながった。「あのルックスとシリアスな演技とは対照的な面白さが秀逸」(20代女性)、「適当な感じのトークが良いです! でも、芝居の話になると真面目になるところがステキ」(10代女性)など、若年層からの支持が主軸の俳優業ありきという点に注目が集まる。

上地は、遊助名義で年末の「NHK紅白歌合戦」に出場が決定するなど、知名度はもはや国民的。「クローズZERO」シリーズや「ドロップ」「ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌」など映画出演作も多岐にわたるが、その存在感を知らしめたのは「クイズ!ヘキサゴンII」にゲスト出演した際に連発した珍回答がきっかけで「おバカキャラ」としてブレイクして以降だ。投票者も「おバカなところはあるけれど、天然で自然なところが大好き」(20代女性)、「嫌味がなく素直に面白い」(40代女性)など幅広い世代の女性層の心をつかんだ。

硫黄島からの手紙」でクリント・イーストウッド監督から絶賛された二宮だが、バラエティで見せる気取りのない人柄でお茶の間を楽しませている。4位の相葉は「天才!志村どうぶつ園」で猛獣たちと戯れる姿が人気を呼び、10位には大野智もランクイン。3人で全体投票数の約20%を独占したことからも、“嵐”人気が当分続くことをうかがわせる結果となった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi