「ハリー・ポッター」テーマパークの概要明らかに 日本から招待も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月25日 > 「ハリー・ポッター」テーマパークの概要明らかに 日本から招待も
メニュー

「ハリー・ポッター」テーマパークの概要明らかに 日本から招待も

2009年11月25日 19:57

そのテーマパーク、日本にも作ってほしい「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

そのテーマパーク、日本にも作ってほしい
HARRY POTTER characters, names and related indicia
are trademarks of and (C)Warner Bros. Entertainment Inc.
Harry Potter Publishing Rights (C)J.K. Rowling.
(C)2009 Warner Bros. Entertainment Inc.
All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2010年5月に米フロリダ州のユニバーサル・スタジオにオープン予定の「ハリー・ポッター」の世界観を再現するテーマパーク「ザ・ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(The Wizarding World of Harry Potter)」の概要が明らかになった。

テーマパークの製作には、原作者J・K・ローリングはもちろん、映画版スタッフからプロデューサーのデビッド・ハイマンデビッド・バロン、美術のスチュワート・クレイグなどが参加。テーマパーク内には、劇中に登場する魔法使いたちが集うホグズミード村が再現され、ホグワーツの生徒や教師らが通うパブ「三本の箒」をはじめ、「ホッグズ・ヘッド」「ハニーデュークス」「オリバンダーの杖の店」「ゾンコのいたずら専門店」「ホグズミード郵便局」などファンにはおなじみの店が、映画そのままに登場。「三本の箒」などでは、劇中に登場するバタービールやカエル・チョコレートといった飲食物も楽しむことができるという。

さらにテーマパーク内には、ライド型アトラクションも設置。「ドラゴン・チャレンジ」というジェットコースターは、映画第4弾「炎のゴブレット」に登場したチャンピオンテントをくぐって搭乗するほか、メインのアトラクション「禁じられた旅」は、ホグワーツ城を通って搭乗するアトラクションで、乗り込むまでの間にも「動く肖像画」や「闇の魔術に対する防衛術の教室」「談話室」「大広間」などホグワーツ城にあるいくつもの部屋や装飾物が再現される。また、このアトラクションのために映画のキャストが登場する新たな映像も撮影されているという。

12月2日に発売される映画第6弾「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のDVD/ブルーレイには、このテーマパークの建設中の模様が特典映像として収録されており、ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフは「幼い時からこの映画に出て、ハリーの世界が本当にあればいいと思っていた。映画で見たその世界を実際に歩けるなんてすごい」と語っている。

そして、「謎のプリンス」DVD/ブルーレイ発売を記念し、日本から1組4名様をテーマパークに招待する「ロード・トゥ・ホグワーツ」キャンペーンも始まっており、「ハリー・ポッター」の公式サイト(harrypotter.warnerbros.co.jp)からプレゼントに応募することができる。応募締切は2010年1月15日。詳細は公式サイトで。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi