ジェームズ・キャメロン監督「アバター」PRで12年ぶり来日! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月20日 > ジェームズ・キャメロン監督「アバター」PRで12年ぶり来日!
メニュー

ジェームズ・キャメロン監督「アバター」PRで12年ぶり来日!

2009年11月20日 10:57

12年ぶりの日本も、滞在はわずか1日「アバター(2009)」

12年ぶりの日本も、滞在はわずか1日
(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 正月映画の大本命、3D超大作「アバター」のジェームズ・キャメロン監督が、公開直前の12月21日に緊急来日することが決まった。キャメロン監督の来日は、「タイタニック」以来12年ぶり。今年の東京国際映画祭が開幕した10月17日に、26分間のフッテージが上映されたときから来日を熱望していたそうで、本人の口からどんなメッセージが飛び出すのかに注目が集まる。

同作は、キャメロン監督が構想14年、製作に4年を費やし、最新の3D映像を駆使したSF超大作。地球からはるか彼方の星パンドラで、自身の意識を投影した分身を操る青年が、星の先住民との運命的な出会いや、地球とパンドラとの間に起こる壮絶な戦いに巻き込まれていく姿を描く。

また、来日に先駆けて、キャメロン監督が同作のビジョンについて語っている4分15秒の最新映像が解禁される。そのなかで夢の中にパンドラが現れたことに触れ、「製作できるなんて信じられなかった。そのときは不可能だと思ったからね」と振り返っている。95年に執筆した脚本は、一時期机の引き出しにしまっていたそうだが「2005年に『今の技術なら映像化できる!』と思って脚本を読み直してみたら、悪くなかったんだよ」とニヤリ。そして、「これまでの映画とはまったく違うレベルだ。かつてない映像になった」と自信満々な様子が収録されている。

さらに、主演のサム・ワーシントンシガニー・ウィーバーミシェル・ロドリゲス、製作のジョン・ランドーらのコメントも網羅し、多角的に「アバター」の世界観を語っている。

アバター」は20世紀フォックス配給で、12月23日から全国で公開。

http://eiga.com/buzz/20090812/4 eiga.com 映画ニュース J・キャメロン監督「アバター」最新3D映像が8月21日全世界同時解禁

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi