ジャネット・ジャクソン、兄マイケルの主治医をバッサリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月17日 > ジャネット・ジャクソン、兄マイケルの主治医をバッサリ
メニュー

ジャネット・ジャクソン、兄マイケルの主治医をバッサリ

2009年11月17日 11:33

責任は誰に?

責任は誰に?
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手のジャネット・ジャクソンが、11月18日に放送される米ネットーワーク局ABCのインタビューで、兄の故マイケル・ジャクソンさんの死は主治医のコンラッド・マーレイ氏に責任があると語っていることが分かった。

ジャネットは、今後マーレイ氏が医師として働くことを許すべきではないとし、「彼がただひとり薬を投与していた人物。私は彼に責任があると思う」と非難した。ロサンゼルス検察当局は現在、マイケルさんの死についてマーレイ氏にかけられた嫌疑を調査中。マーレイ氏は、6月25日に自身が強い麻酔薬を投与して間もなく、マイケルさんは死亡したと供述している。

マーレイ氏の代理人は16日、マイケルさんを死に至らせるような薬の投与はしていないと主張し続けると語った。ジャネットは同インタビューで、マイケルさんが病院に運ばれたと一報を受けたのはニューヨークの自宅で、アシスタントからの電話で知らされたという。その後、病院に向かった親類に電話での報告を頼んだが、ベルは鳴らず心配だけがつのったと振り返った。そして、「(マイケルさんの死を知って)本当のこととは思えず、夢を見ているようだった」「今でも信じることが難しい」とも話していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi