トム・クルーズ新作への助成金に、オーストリア映画人が憤慨 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月16日 > トム・クルーズ新作への助成金に、オーストリア映画人が憤慨
メニュー

トム・クルーズ新作への助成金に、オーストリア映画人が憤慨

2009年11月16日 19:27

ちゃんと宣伝してあげるから

ちゃんと宣伝してあげるから
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ボストンで撮影が行われていた、トム・クルーズキャメロン・ディアス共演のアクションコメディ「Knight & Day(Wichitaから改題)」が、11月19日から約1週間、撮影現場をオーストリアのザルツブルクに移すことになった。それに伴い、同作に助成金を与えたザルツブルク市に対して、地元映画人から抗議の声が上がっている。

英スクリーン・デイリー誌によれば、同作が受け取った助成金の額は30万ユーロ(約4000万円)。同市の映画関連の助成金予算総額が50万7000ユーロ(約6770万円)しかないにもかかわらず、この1作品に与えられる金額が大きすぎるというのが憤慨の理由だ。

今回の助成金は、市の経済振興を目的にした基金から捻出されているという。インディペンデントプロデューサーで監督のヘルマン・ペセカスは、地元紙の取材に対して「ザルツブルク観光局の局長にとっては、値は張るが格好の宣伝チャンスなんだろう。地元のアート系映画の窮状を尻目に、ザルツブルクは単なる背景として売られたわけだ。だが、この街のファサードには30万ユーロのコマーシャルなんて必要ないはずだ」と憤りをあらわにした。

「Knight & Day」の撮影期間は、当初の3週間から1週間へと短縮されたそうだが、助成金の額は変わらず。一方で、200人を超える製作スタッフとキャストが同市滞在中に使う金額は120万ユーロ(約1億6000万円)以上とも試算されているようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi