ハリウッドスター出演の面白CM第1位はシュワちゃん「だいじょうV!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月16日 > ハリウッドスター出演の面白CM第1位はシュワちゃん「だいじょうV!」
メニュー

ハリウッドスター出演の面白CM第1位はシュワちゃん「だいじょうV!」

2009年11月16日 12:22

シュワちゃんの「だいじょうV!」は当時話題に「ライフ」

シュワちゃんの「だいじょうV!」は当時話題に
Koichi Kamoshida/Getty Images/AFLO FOTO AGNECY
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 最新作「イングロリアス・バスターズ」の日本公開(11月24日公開)を控えるクエンティン・タランティーノ監督が、日本のソフトバンクモバイルの人気CM「白戸家の人々」に長女・上戸彩のおじさん「タラちゃん」という設定で仲間入り。そのCM撮影風景が先週、インターネット上で世界中に配信された。

それを受け、米Film Junkが、これまで作られたハリウッドスター出演の「面白CMトップ15」を動画付きで紹介した。

第1位は、現カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーが「魔人V」として現れ、指でVサインを作って「だいじょうV!」とやる90年のタケダ「アリナミンV」のCM。第5位は、悪役が多かったデニス・ホッパーが浴槽にアヒルを浮かべ、かわいく「アヒルちゃ~ん」と叫ぶツムラのCM。第7位は、今ではトヨタ「プリウス」の顔となっているレオナルド・ディカプリオの若かりし頃のホンダ「シビック」のCMと、懐かしいCMが並んでいる。

第3位のブラッド・ピットのエドウィンのCMはスパイク・ジョーンズ監督作品。第11位のシャーリーズ・セロンのホンダ「ライフ」のCMは「セサミストリート」のマペットとの共演。第15位のサントリー「BOSSレインボーマウンテン」のCMは、ご存じ宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ(06年4月から現在まで)。

こうして見ると、本国アメリカでCM出演を避けていたハリウッドスターも、日本のCMでは昔から相当笑えるおバカなことをしているようだ。

1.アーノルド・シュワルツェネッガー/タケダ「アリナミンV」
2.ニコラス・ケイジ/三共「パチンコ・フィーバー」
3.ブラッド・ピット/エドウィン「EDWINジーンズ」
4.シンディ・クロフォード/大塚製薬「ポカリスエット」
5.デニス・ホッパー/ツムラ「バスクリン」
6.ブルース・ウィリス/エネオス「ENEOSカード」
7.レオナルド・ディカプリオ/ホンダ「シビック」
8.ジャン=クロード・バン・ダム/ロッテ「BLACK BLACK GUM」
9.ジョン・トラボルタ/タカラ「缶チューハイ TOKYO DRINK」
10.ショーン・コネリー/伊藤ハム「ビオグール」(ヨーグルト)
11.シャーリーズ・セロン/ホンダ「ライフ
12.ベン・スティラー/キリン「氷結果汁」(缶チューハイ)
13.ルーシー・リュー/サントリー「ダイエット生」(発泡酒)
14.エドワード・ファーロング/東洋水産・マルちゃん「ホットヌードル」
15.トミー・リー・ジョーンズ/サントリー「BOSSレインボーマウンテン」(缶コーヒー)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi