諏訪敦彦と仏俳優イポリット・ジラルドが「ユキとニナ」で共同監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月14日 > 諏訪敦彦と仏俳優イポリット・ジラルドが「ユキとニナ」で共同監督
メニュー

諏訪敦彦と仏俳優イポリット・ジラルドが「ユキとニナ」で共同監督

2009年11月14日 19:08

日仏“異文化間コミュニケーション”「ユキとニナ」

日仏“異文化間コミュニケーション”
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「不完全なふたり」「パリ・ジュテーム」の諏訪敦彦監督と、「愛のあとに」「イヴォンヌの香り」の名優イポリット・ジラルドが共同監督に挑んだ「ユキとニナ」。両監督は11月14日、会見を行った。

フランス人の父と日本人の母の間に産まれたパリ育ちの少女ユキは、両親の離婚により突然日本へ引っ越すことになる。親友のニナと別れたくないユキは何とか両親の離婚を止めようと奔走するが、家出の果てにたどり着いた森で迷子になってしまう。

オムニバス映画「パリ・ジュテーム」の1編「ヴィクトワール広場」で監督と俳優として出会った2人は、徐々に親交を深めていったという。諏訪監督は、「スタッフから、どうやって撮るの? と聞かれましたけれど、僕たちも分からなかったんです。やってみないと分からないと思っていたし、仕事を分担するのではなく、1人でやることを2人でやることが重要だったんです。映画の面白さってたった1人で作り出すものじゃないと思うのです」と話した。

ジラルドは劇中で重要なカギとなる森について、「森は自分の世界を作り出すことができる、自由な場所だと思います。それに普遍性もあって、例えばフランスと東京という都市には大きな違いがありますが、日本とフランスの森にはさほど違いはないでしょう」と分析。それでも、「カメラの前にいるときは、映画は現場で作られていると思っていましたが、実は映画とは長いプロセスを経て作られるものだなんだなということが分かりました(笑)」と監督業が認識を改めるきっかけになったことを明かした。

ユキとニナ」は、2010年1月23日から全国で順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi